電子マネーに関する調査Publicity open research results

2007年04月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 新しく登場する電子マネーの利用意向、'nanaco'は55%、'WAON'は43%
  • 電子マネーを利用するにあたって重視するポイントは「普段からよく利用する店舗で使える」(55%)がトップ
  • 電子マネー1ヶ月あたりの利用金額は、平均5,124円。男女では約2,000円の差
  • 今後、電子マネーに望むことは「複数の電子マネーを統一」が57%で最多

インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)在住の15~59歳の男女を対象に、「電子マネーに関する調査」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2007年4月9日(月)~4月10日(火)。有効回答数は1030名から得られました。

※本調査での『電子マネー』とは、国内で利用されている非接触型ICを使用したカードタイプ(SuicaやEdyなど)、携帯電話タイプ(おサイフケータイなど)を指します。インターネット専用の電子マネー(WebMoney、ちょコム等)などは除きます。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)

調査対象 : 15歳~59歳の男女 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 : 計1030サンプル(下記の通り均等割付、回収)

男性10代 103サンプル 女性10代 103サンプル
男性20代 103サンプル 女性20代 103サンプル
男性30代 103サンプル 女性30代 103サンプル
男性40代 103サンプル 女性40代 103サンプル
男性50代 103サンプル 女性50代 103サンプル

調査日時 : 2007年4月9日(月)~4月10日(火)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

新しく登場する電子マネーの利用意向、'nanaco'は55%、'WAON'は43%

4月23日に株式会社セブン&アイ・ホールディングスより発行される電子マネー'nanaco'(ナナコ)、4月下旬よりイオン株式会社より発行される予定の電子マネー'WAON'(ワオン)について、それぞれ知っている人に利用意向を尋ねてみたところ、「利用したい(「利用したい(既に入会登録を行った)」+「やや利用したい」)」と回答した人は、'nanaco'55%、'WAON'43%でした。利用したい理由は、'nanaco'の場合「セブン-イレブンをよく使うから」(71%)、'WAON'の場合「ポイントがついてお得だから」(61%)がそれぞれトップでした。

新電子マネー「nanaco」「WAON」認知度

Q.あなたは、2007年4月23日(月)から株式会社セブン&アイ・ホールディングスが発行する予定の電子マネー「nanaco」、2007年4月下旬からイオン株式会社が発行する予定の電子マネー「WAON」をご存知ですか?<全員 n=1030>

新電子マネー「nanaco」「WAON」利用意向

Q.あなたは、電子マネー「nanaco」「WAON」を利用したいと思いますか?<ベース:「nanaco」「WAON」認知者>

電子マネーを利用するにあたって重視するポイントは「普段からよく利用する店舗で使える」(55%)がトップ

電子マネーを利用している人に、電子マネーを利用するにあたって重視するポイントを尋ねてみたところ、「普段からよく利用する店舗で使える」が55%で最も高く、次いで「使えるお店の数が多い」(50%)、「使い方や仕組みがわかりやすい」(49%)となりました。

電子マネー重視点

Q.電子マネーを利用するにあたって、あなたが重視する点をすべてお知らせください。(いくつでも)
<ベース:電子マネー利用者 n=528>

電子マネー1ヶ月あたりの利用金額は、平均5,124円。男女では約2,000円の差

電子マネーを利用している人に、1ヶ月あたりいくらぐらい電子マネーで支払いをしているのか尋ねてみたところ、平均は約5,124円でした。

男女別に見たところ、1ヶ月あたりの電子マネーによる支払い金額の平均は男性約5,991円、女性約3,989円となり、その差は約2,000円となりました。

1ヶ月あたりの平均支払額(全体)

平均 5,124円/月

1ヶ月あたりの平均支払額(性・年代別)

今後、電子マネーに望むことは「複数の電子マネーを統一」が57%で最多

今後、電子マネーに関してどのようなことを望むか尋ねたところ、「複数の電子マネーを統一」が57%でトップでした。次いで「セキュリティの強化」(54%)、「ポイント・割引など付加サービスの充実」(50%)という結果になりました。

電子マネーに望むこと

Q.あなたが今後、電子マネーに望むことはどのようなことですか?(いくつでも) <全員 n=1030>

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「電子マネーに関する調査」調査結果詳細レポート(382KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。