団塊世代の定年に関する調査Publicity open research results

2007年03月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 定年後も働く予定の人は85%。
    その理由は、「経済的な理由から、働く必要があるため」が70%で最多
  • 「退職金+預貯金」の額は、「定年後の生活に不安を感じる額」である65%
  • 定定年後の生活には、「希望」を持っている人と「不安」を感じているが半々。
    定年後期待することは「時間が自由になる」66%、不安なことは「経済的な不安」72%

インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、全国の団塊世代(昭和22~24年生まれ)の男性会社員・公務員を対象に、「団塊世代の定年に関する調査」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2007年3月6日(火)~3月7日(水)。有効回答数は515名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 団塊世代(昭和22年~24年生まれ)の男性会社員・公務員 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 : 515人

調査日時 : 2007年3月6日(火)~3月7日(水)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

定年後も働く予定の人(「働きたい」+「働きたくないが、働く予定」)は85%
その理由は「経済的な理由から、働く必要があるため」が70%で最多

定年後、「働きたい」人は57%、「働きたくないが、働く予定」と回答した人は28%で、合わせて85%の人が定年後も働く意向を示しました。

また、定年後に働く理由としては、「経済的理由から、働く必要があるため」が最も高く70%、次いで「健康のため」47%、「社会的接点を持ち続けたいから」42%、「自分の技能や経験を活かし続けたいから」33%となっています。

定年後について

Q.あなたは定年後も「働きたい」と思いますか。(n=515)

定年後の就職について

Q.あなたは現在、定年後の就職先が決まっていますか。
(定年後働く予定の人:n = 437)

定年後も現在の会社で働きたいか

Q.あなたは定年後、現在働いている会社で継続して働きたいと思いますか。 (定年後働く予定の人:n = 437)

定年後どのような形態で働きたいか

Q.あなたは定年後、どのうような勤務形態で働きたいと思いますか。 (定年後働く予定の人:n = 437)

「退職金+預貯金」の額は、「定年後の生活に不安を感じる額」65%

退職金と預貯金を合わせた額は、退職後の生活を送るにあたって「不安を感じる額である」と回答した人は39%となっており、「どちらかといえば、不安を感じる額である」と回答した人は25%となっています。合計で65%の人が自分の「退職金+預貯金」の額に対して、定年後の生活に対する不安をかんじているようです。

「退職金+預貯金」について

Q.あなたにとって「退職金+預貯金」は、退職後の生活を送るにあたって安心できる額ですか、それとも不安を感じる額ですか。(n=505)

定年後の生活には、「希望」を持っている人と「不安」を感じているが半々。
定年後期待することは「時間が自由になる」66%、不安なことは「経済的な不安」72%

定年後の生活について、希望と不安のどちらが大きいか尋ねてみたところ、「希望の方が大きい(「希望の方が大きい(9%)」+「どちらかといえば希望の方が大きい(38%)」)」は47%で約半数でした。

定年後に期待することは「時間が自由になる」が66%、次いで「夫婦でゆっくり過ごす」が55%。一方で定年後不安に感じることは「経済的な不安」が72%、「健康に対する不安」が49%でした。

定年後に「期待すること」

Q.定年後に「期待すること」であてはまるものをお知らせください。(いくつでも)(n=515)

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「団塊世代の定年に関する調査」調査結果詳細レポート(269KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。