未婚女性1000人に聞いた結婚観Publicity open research results

2006年08月03日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • シングル女性 結婚を焦るのは30才、あきらめるのは40才がピーク
  • 未婚女性の4人に1人が「子供は欲しいと思わない」
  • 結婚相手に求める条件「経済力」よりも「家事・育児の協力」「仕事への理解」

インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:福羽泰紀)は、全国20代・30代の未婚女性を対象に、「結婚観に関する意識調査」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2006年7月11日(火)~7月12日(水)。有効回答数は1,040名から得られました(20代・30代を均等に回収)。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 20~39才の未婚女性 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 : 計1040サンプル(下記の通り均等割付、回収)

20~24才 260サンプル 30~34才 260サンプル
25~29才 260サンプル 35~39才 260サンプル

調査日時 : 2006年7月11日(火)~7月12日(水)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

結婚を焦り始めるのは30才、あきらめるのは40才がピーク

いくつから結婚を焦る、またあきらめる気持ちが芽生える(芽生えた)のかを尋ねたところ、焦り始めるピークは30才、あきらめ始めるのは40才がピークであることが分かりました。焦り始める年齢は30才に向けて徐々に高まる傾向にあり、あきらめ始める年齢は35才で一度高まった後、40才でピークを迎える傾向を示しました。未婚女性の結婚に対する気持ちは、5才刻みで大きな節目を迎えるようです。

Q. 結婚を焦り始める年齢/「もう結婚しないかもしれない」とあきらめる気持ちが芽生える年齢<全員 n=1040>

未婚女性 4人に1人が子供を「欲しいとは思わない」

未婚女性に子供が欲しいと思うか尋ねたところ、4人に1人は「欲しいとは思わない」と答えました。欲しいとは思わない理由を尋ねたところ、トップは「子供を育てる自信がない」47%、次いで「現在の社会状況の中で子供を育てることに不安がある」46%、「仕事と子育てを両立するのが困難」37%となりました。

Q.あなたは子供が欲しいと思いますか?<全員 n=1040>

Q.子供を欲しいと思わない理由を教えて下さい。(複数回答)

<ベース=子供を欲しいと思わない人 n=262>

未婚女性、33才を超えると「恋人なし」が過半数

結婚を考える恋人がいるかどうか尋ねたところ、3人に1人は「いる」と答えました。また、「恋人はいない」と答えた人は半数以上おり、2人に1人は恋人がいないことが分かりました。
年齢別に見ると、23才、27才で最も恋人がいる率が高まっていますが、33才を超えると恋人が「いない」人が半数以上を上回る傾向が強くなります。未婚女性の恋人の有無は、33才が分岐点になっているようです。

Q.あなたには現在、結婚を考える恋人がいますか? <全員 n=1040>

結婚相手に求める条件 「経済力」よりも「家事・育児の分担・協力姿勢」「仕事への理解」

結婚意向のある未婚女性に対して結婚相手に求める条件を尋ねたところ、「性格・人柄」が100%、次いで「価値観・相性が合うこと」98%、「恋愛感情」91%が9割を超える高い結果となりました。

この他は、「経済力」(84%)「職業」(55%)「社会的地位」(30%)などの条件より、「家事・育児の分担・協力姿勢」(88%)「自分の仕事への理解と協力」(86%)の方が高い順位となっています。男性の家事・育児参加に関する意識や女性の仕事に対する理解のあり方が、今後の未婚女性の結婚に影響を与えそうです。

Q. あなたが結婚相手に求める条件として、以下項目をどの程度重視するか教えて下さい。

※4段階評価の「非常に重視する」+「重視する」を合計 <ベース=結婚意向のある人 n=1019>
<上位20位>

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「未婚女性1000人に聞いた結婚観」調査結果詳細レポート(312KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。