愛知万博に関する調査Publicity open research results

2005年04月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 愛知万博 「楽しかった」75%
  • 楽しかったパビリオンは、「トヨタグループ館」「電力館」「日立グループ館」
  • 「今後万博に行きたい」7割。ピークはゴールデンウィーク明け(非来場者に対して)

インターネットリサーチの株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:杉本哲哉)は、自主調査「愛知万博について」を実施しました。調査対象は20才~59才の男女で、インターネット調査にて実施しました。調査エリアは名古屋・大阪・東京。調査期間は2005年4月12日~4月19日。有効回答数は22,467名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 名古屋・大阪・東京

調査対象 : 20才~59才の男女 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 : 計22,467サンプル
名古屋 :男性:3733ss 女性:3735ss
大阪  :男性:3746ss 女性:3770ss
東京  :男性:3751ss 女性:3753ss

サンプル抽出法 : 名古屋・大阪・東京エリアと性別をほぼ均等に割付

調査日時 : 2005年4月12日~4月19日

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

愛知万博「楽しかった」75%。
主な理由は「外国館がよかった」「企業パビリオンがよかった」「リニモに乗れたので」

愛知万博に行った1171人に満足度を質問したところ、「楽しかった」(とても楽しかった+やや楽しかった)と回答した人は75%に達し、概ね満足していることが明らかになりました。

楽しかったと回答した人に理由を尋ねたところ、「外国館がよかった」(49%)、「企業パビリオンがよかった」(48%)、「リニモに乗れた」(47%)が主に挙がりました。 国内の企業パビリオンだけでなく、海外のパビリオンも満足していることが分かりました。

楽しかったパビリオンは、「トヨタグループ館」 「電力館」 「日立グループ館」。
外国館では「イタリア館」 「ドイツ館」 「韓国館」 「アメリカ館」が人気。

楽しかったパビリオンを質問したところ、最も高かったのは「トヨタグループ館」(26%)で、「ワンダーサーカス電力館」(21%)、「日立グループ館」(19%)が続きました。

また、外国館を自由回答で質問したところ、「イタリア館」(46件)、「ドイツ館」(43件)、「韓国館」(42件)、「アメリカ館」(41件)が人気でした。日本人となじみのある国が評価されているようです。

改善点は「混雑解消」 「飲食物の価格見直し」 「ネット事前予約方法の見直し」

愛知万博に行った人に改善点を質問したところ、「待ち時間を改善してほしい」(71%)、「待ち時間にも楽しめる工夫を」(62%)、「飲食物の値段を手頃に」(57%)、「インターネット事前予約方法の見直し」(56%)について半数以上が求めていることが明らかになりました。

「今後万博に行きたい」7割。ピークはゴールデンウィーク明け

愛知万博に行ってない21,296人に来場意向を質問したところ、「行きたい」(ぜひ行きたい+時間があれば行きたい)と回答した人が69%に達しました。

さらに、愛知万博に行く時期を質問したところ、「5月中旬~下旬」、「6月」と回答した人が共に16%で最も高く、ゴールデンウィーク明けから6月にピークが訪れそうです。

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「愛知万博に関する調査」調査結果詳細レポート(259KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。