2005年のプロ野球に関する調査Publicity open research results

2005年03月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 注目する球団は「楽天」! 注目選手は「新庄選手」!
  • 3人に2人が「新球団の活躍に期待」
  • 注目する球団は「楽天」がトップ。「日ハム」「ソフトバンクホークス」が続き、地元密着チームが人気
  • 注目する選手は「新庄」がダントツトップ。「古田」「清原」が続き、パフォーマーが支持
  • プロ野球が盛り上がる方法は「ファンとの交流」「選手のスキルアップ」「地元密着」

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:杉本哲哉)は、自主調査「プロ野球に関する調査」を実施し、レポートしました。

調査対象は全国の10歳以上の男女で、インターネット調査にて実施しました。調査期間は2005年3月8日~3月9日で、有効回答数は1075名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 10才以上の男女 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 :1075サンプル

北海道  男性 67ss 女性 67ss
東北地方 男性 67ss 女性 67ss
関東地方 男性 67ss 女性 67ss
中部地方 男性 68ss 女性 68ss
近畿地方 男性 67ss 女性 67ss
中国地方 男性 68ss 女性 67ss
四国地方 男性 68ss 女性 68ss
九州・沖縄地方 男性 67ss 女性 67ss

サンプル抽出法 : 全国の主要エリアと性別をほぼ均等に割付

調査日時 : 2005年3月8日(火)~3月9日(水)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

3人に2人が「新球団の活躍に期待」

プロ野球の新球団の活躍ぶりについて質問したところ、3人に2人の65%が「期待する」と答え、「期待しない」(17%)を大きく上回りました。

新球団への期待度  (単数回答、1075人回答、%)

注目する球団は「楽天」がトップ。「日ハム」「ソフトバンクホークス」が続き、地元密着チームが人気

注目する球団を質問したところ、トップは「楽天ゴールデンイーグルス」で、約半数の45%から回答が得られました。続いて「日本ハムファイターズ」(25%)、「ソフトバンクホークス」(22%)など、新しいチームを中心に注目されました。
また、地域別に見ると、東北地方は「楽天」、北海道は「日ハム」、九州地方は「ホークス」を支持する声が高く、地元に密着している結果が明らかになりました。

注目している球団  (複数回答、1075人回答、%)

注目する球団は「楽天」がトップ。「日ハム」「ソフトバンクホークス」が続き、地元密着チームが人気

注目する球団を質問したところ、トップは「楽天ゴールデンイーグルス」で、約半数の45%から回答が得られました。続いて「日本ハムファイターズ」(25%)、「ソフトバンクホークス」(22%)など、新しいチームを中心に注目されました。
また、地域別に見ると、東北地方は「楽天」、北海道は「日ハム」、九州地方は「ホークス」を支持する声が高く、地元に密着している結果が明らかになりました。

注目している選手(上位15人)  (複数回答、1075人回答、%)

プロ野球が盛り上がる方法は「ファンとの交流」「選手のスキルアップ」「地元密着」

プロ野球が盛り上がる方法を尋ねたところ、「ファンとの交流機会を増やす」が約半数の47%から回答され、「選手がもっとスキルを磨きファンを楽しませるプレーをする」(42%)、「企業優先の球団経営でなく、地元密着型にする」(26%)が続きました。

年代別にみると、10代と20代のヤング世代は「ファンとの交流」といった“ソフト面”の改善を求めており、一方、40代以上は「選手のスキルアップ」といった“ハード面”の底上げを望んでいました。

また、地域別でみると、特に東北地方の4割が「地元密着」を求めていたことが明らかになりました。新球団「楽天」の地域に根ざした取り組みが注目されています。

プロ野球が盛り上がる方法  (複数回答、1075人回答、%)

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「2005年のプロ野球に関する調査」調査結果詳細レポート(294KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。