オンライン株式の利用実態についてPublicity open research results

2005年01月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • ネット証券のメインユーザーは実は「60代男性」。今後は20・30代にもヒットする予感!
  • 保有株式が値上がりした人は「投資先企業のIRレポートをよく読む」

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:杉本哲哉)は、自主調査「オンライン株式の利用実態について」を実施しました。

調査エリアは全国。調査対象は男女20才~69才で、インターネット調査にて実施しました。調査期間は2004年12月21日~12月27日。有効回答数は5000名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 20~69才の男女 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 : 5000サンプル(男女比50:50)

調査日時 : 2004年12月21日~2004年12月27日

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

ネット証券のメインユーザーは実は「60代男性」。今後は20・30代にもヒットする予感

現在株式を保有し、ネット証券を利用している人は全体の18.4%でした。利用層のプロフィールを見ると、最も多いのは60代男性で30%がユーザーに達していました。インターネットを利用している人は50代までが大半ですが、時間と資金の余裕があるシニア世代にとって、オンラインでの株式取引は便利な環境であることが伺えます。

また、現在株式を保有していない人に対して株式投資への興味度を尋ねたところ、4割が「興味がある」と回答しました。興味がある層は、年代が若いほど高く、特に20代、30代から支持されていました。今までのオンライン株式投資はシニア世代が中心でしたが、今後は少しお金に余裕が出てきた団塊ジュニア世代にもヒットする予感がさせられます。

保有株式が値上がりした人は「投資先企業のIRレポートをよく読む」「購入前に企業・業界研究を行っている」「売る基準やタイミングを決めている」

株式取引の利用状況について保有株式が値上がりした人と、値下がりした人の回答を比較しました。値上がりした人ほど「投資先企業のIRレポートを読む」「購入前に企業・業界研究を行う」など自ら情報を収集したり、「売る基準やタイミングを決めている」と自分のルールで取引しています。

  値上がりした人   値下がりした人
1)「投資先企業のIRレポートを読む」 75% > 58%
2)「購入前に企業・業界研究を行っている」 91% > 83%
3)「売る基準やタイミングを決めている」 72% > 66%
4)「株価チャートを1日1回以上見る」 70% > 63%
5)「保有銘柄が10以上ある」 29% > 23%
6)「株式投資歴が5年未満」 59% > 53%

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「オンライン株式の利用実態について」調査結果詳細レポート(773KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。