お酒についての基礎調査Publicity open research results

2004年11月04日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 外での飲用率トップは「ビール」で、「チューハイ」が続く
    一方、自宅では外と同様「ビール」がトップだが、次点は「焼酎」「発泡酒」

インターネットリサーチの株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:杉本哲哉)は、自主調査「お酒についての基礎調査」を実施いたしました。

調査期間は2004年9月27日(月)~9月28日(火)。調査対象は全国に住む男女20才以上で3ケ月以内に何らかのお酒を飲んだ人に対してインターネット調査を実施しました。なお、有効回答数は522名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 3ケ月以内に何らかのお酒を飲んだ20才以上の男女 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 : 522サンプル
男性20代:65ss  女性20代:65ss
男性30代:65ss  女性30代:65ss
男性40代:67ss  女性40代:65ss

サンプル抽出法 : 男女各年代(20代/30代/40代)各々を均等に割付

調査日時 : 2004年9月27日(月)~9月28日(火)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

飲食店・居酒屋・レストランと自宅で飲用したお酒

外での飲用率トップは「ビール」で、「チューハイ」が続く。一方、自宅では外と同様「ビール」がトップだが、次点は「焼酎」「発泡酒」。

2.外でお酒を頼む順番

<1番目> 「ビール」が67%でトップ。「とりあえず、なんとなく、乾杯、付き合い」などの理由が最も多く、周囲に合わせてオーダーする様子が伺える。
<2番目>「チューハイ」がトップ。「飲みやすさ」が選ばれるポイント。また、「美味しい」などの味の良さに加え、「お腹が張らない」「さっぱり」「口直し」などから、ビールの口直し意向が見られる。

3.外でお酒を飲む順番のパターン

「1番目ビール、2番目チューハイ」と「1番目ビール(のみ)」をオーダーする順番が最も多い

4.自宅でお酒を飲む順番

<1番目> 外で一番初めにオーダーするお酒は「ビール」がトップだが、自宅では「発泡酒」。一方、自宅では外と同様「ビール」がトップだが、次点は「焼酎」「発泡酒」。選ばれる理由は「低価格」が最も多い。
<2番目>「ビール」がトップ。また、4人に1人は「当てはまるものがない」と回答。

5.自宅でお酒を飲む順番のパターン

最も高い順番は「ビール(1種類のみ)」。次いで「チューハイ(1種類のみ)」「発泡酒(1種類のみ)」と1種類だけを飲用するパターンが多い。4位には「1番目発泡酒、2番目ビール」が登場し、「1番目ビール、2番目発泡酒」より上位にお酒をランクイン。初めに値段が手ごろな「発泡酒」を飲み、その後に好きな「ビール」を飲んで締める傾向が見られる。

6.現在流行しているお酒と次に流行しそうなお酒

「焼酎」が最も流行しているお酒で、全体の3割から支持。今後最も流行しそうなお酒のトップは「焼酎」で、焼酎ブームがまだ続くと予想している。現在流行中のお酒と今後流行しそうなお酒を比較すると、「糖質をカットした発泡酒」「泡盛」 「ビアテイスト飲料」「プレミアムビール」が特に今後注目されている。

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「お酒についての基礎調査」調査結果詳細レポート(1.28MB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。