2004年のプロ野球に関する調査Publicity open research results

2004年07月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 「球団側だけで意思決定せず、選手やファンの意見にも耳を傾けるべき」と7割が回答
  • 球団関係者だけで行われた意思決定と、オープンな話し合いの場を望む一般生活者に大きなギャップ

インターネットリサーチの株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:杉本哲哉、資本金:8億3868万円)では、プロ野球に関しての調査を実施いたしました。 6/13に突然発表された近鉄とオリックスの合併、さらに7/7に開催されたオーナー会議にて、パ・リーグからもう1チーム合併を予定していると公表された中、一般生活者はどのように感じているのか調査を実施致しました。 調査期間は2004年7月9日(金)~12日(月)、インターネット調査、全国エリア、有効回答数828件です。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 10才以上の男女 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 : 828 (男性 50% 女性 50%)

調査日時 : 2004年7月9日(金)~7月12日(月)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

1. 応援しているプロ野球チームは、「巨人」(19%)がトップで「阪神」(16%)が続く。無関心層は24%

応援しているプロ野球チームは「巨人」(19%)がトップで「阪神」(16%)が続く。次いで「ダイエー」(7%)、「広島」「日本ハム」「中日」(共に 5%)の順であった。なお、「特定のチームは応援してないがプロ野球には関心がある」は11%、「プロ野球に関心がない」は24%であった。

2. オーナー会議で承認された「近鉄・オリックス合併」の認知率は9割と高い

7/7(水)に行われたプロ野球のオーナー会議にて近鉄・オリックスの合併が承認されたが、認知率は90%と高い。

3. 近鉄・オリックスの合併が承認され1チーム減少することについて、半数が「賛成できない」

近鉄とオリックスの合併が承認されたことについて、「賛成できる(計)」は21%(非常に賛成できる(4%)+賛成できる(17%))、「どちらともいえない」が30%、「賛成できない(計)」は50%(あまり賛成できない(27%)+全く賛成できない(23%))と半数が反対。

4. 「現状の2リーグ派」は約半数の46%、「1リーグ推進派」は26%にとどまる

近鉄とオリックスの合併に続いてパ・リーグでもう一組合併する方向が進んでいる状況の中、今後の望ましいリーグ制について聞いたところ、「2リーグ制で続けてほしい(計)」は約半数の46%(2リーグ制で続ける方が望ましい(23%) +どちらかといえば2リーグ制で続けるほうが望ましい(23%)「どちらともいえない」(28%)、「1リーグ制(計)」は26%(1リーグ制にした方がよい(10%)+どちらかといえば1リーグ制(16%))で、現状の2リーグ派が1リーグ推進派を上回った。

5. ライブドア社の買収交渉認知率は9割以上と高い

インターネット会社「ライブドア」が近鉄バッファローズの買収交渉をしたことが報道されたが、91%が認知。

6. ライブドア社の近鉄買収交渉については7割以上が賛成

ライブドア社による近鉄バッファローズの買収交渉を認知している人を限定して、近鉄買収の交渉について意見を聞いたところ、「賛成できる(計)」は71% と高く、(非常に賛成できる(34%)+ある程度賛成できる(38%))、「どちらともいえない」が20%、「賛成できない(計)」は9%(全く賛成できない(2%)+あまり賛成できない(7%))と賛成派が反対派を大幅に上回った。

7. 今後のプロ野球の方向性については、「球団合併や1リーグ制など球団側だけで決定せず、選手やファンの意見にも耳を傾けるべき」(72%)がトップ

今後のプロ野球の方向性については、「球団合併や1リーグ制など球団側だけで決定せず、選手やファンの意見にも耳を傾けるべき」(72%)がトップ。
次いで「プロ野球球団への経営、資本参加に関心がある企業に対して門を開くべき」(58%)、 「選手会と球団側の議論の場を増やすべき」(55%) が上位に挙げられ、オープンな話し合いの場を望む一般生活者と、球団関係者だけで意思決定される行動に大きなギャップがみられた。

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。