子供のテレビ・ビデオ視聴に関するアンケートPublicity open research results

2004年06月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 小学生以下の子供が好きなテレビ番組、1位「おかあさんといっしょ(NHK)」15%
  • 母親の子供のテレビ視聴に関する不安点

「視力の低下」90%、「覚えて欲しくない言葉や行動を覚える」49%

インターネットリサーチの株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:杉本哲哉、資本金:8億3868万円)では、全国の小学生以下の子供を持つ20 代、30代の母親を対象に、子供のテレビ・ビデオ視聴に関するアンケート調査を実施いたしました。調査期間は2004年5月15日(土)、インターネット調査でアンケートを実施、616サンプルの有効回答を回収しました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 小学生以下の子供(長子)を持つ20代、30代の既婚女性(母親) (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 : 616サンプル

調査日時 : 2004年5月15日(土)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

小学生以下の子供がテレビ・ビデオ視聴をしている割合 95%
そのうち95%が2歳までに視聴を開始

テレビ・ビデオ視聴をしているか尋ねたところ、小学生以下の子供全体の95%、母親の99%が視聴しているとの回答であった。小学生以下の子供が視聴を開始した時期については、「生後6ヶ月~1歳まで」と回答した人が最も多く34%である。視聴を開始している小学生以下の子供のうちの95%が2歳までにテレビ・ビデオ視聴を開始しているという結果であった。

テレビ・ビデオの平均視聴時間、小学生以下の子供 2.6時間、母親 3.5時間

テレビ・ビデオの1日の平均視聴時間を尋ねたところ、小学生以下の子供全体では「2時間」が最も多く36%、次いで「3時間」(24%)であった。平均では、小学生以下の子供が2.6時間、母親では3.5時間と、母親は子供より約1時間長いという結果であった。

小学生以下の子供が好きなテレビ番組のジャンル トップは「アニメ」76%

好きなテレビ番組のジャンルについて尋ねたところ、小学生以下の子供全体で「アニメ」が76%でトップ。次いで「子供向け教育番組」(72%)、「お笑い・コメディ」(31%)、「特撮・ヒーロー」(28%)の順であった。年齢別に見ると2歳以下では、「子供向け教育番組」の回答が最も多く82%。それ以外の年齢層では「アニメ」の回答が最も多く、未就学児(3~6歳)で89%、小学生で92%であった。

小学生以下の子供が好きなテレビ番組
- 2歳以下 「おかあさんといっしょ」
- 未就学児(3~6歳) 「特捜戦隊デカレンジャー」
- 小学生 「ポケットモンスター アドバンスジェネレーション」

小学生以下の子供が好きなテレビ番組を尋ねたところ、2歳以下では「おかあさんといっしょ」(34%)がトップ。未就学児(3~6歳)では「特捜戦隊デカレンジャー」(15%)、「おかあさんといっしょ」(15%)がともに人気が高い。小学生では「ポケットモンスター アドバンスジェネレーション」(17%)の人気が一番高かった。

小学生以下の子供のテレビ・ビデオ視聴に関する母親の注意点
「テレビ画面の近くで見せない」 82%

小学生以下の子供のテレビ・ビデオ視聴に関して、母親が注意している点について尋ねたところ、「テレビ画面の近くで見せない」が最も多く82%であった。次いで「テレビは明るいところで見せる」(64%)、「つけっぱなしにせず、消す習慣をつけさせる」(53%)の順であった。

小学生以下の子供のテレビ・ビデオ視聴に関する母親の不安点
- 「視力の低下」90%
- 「覚えて欲しくない言葉や行動を覚える」49%

小学生以下の子供のテレビ・ビデオ視聴に関して、母親が不安に思っている点について尋ねたところ、「視力の低下」が最も多く90%であった。次いで「覚えて欲しくない言葉や行動を覚える」(49%)、「表現が乏しくなる」(26%)、「学力の低下」(22%)の順であった。

テレビ・ビデオを視聴している割合 → 小学生以下の子供 95% 母親 99%
子供のテレビ・ビデオ視聴の開始時期 → 2歳まで 95%

テレビ・ビデオの視聴状況をみると、小学生以下の子供全体では95%、母親は99%の視聴状況であった。

小学生以下の子供が視聴を開始した時期は、「生後6ヶ月~1歳」と回答した人が最も多く34%。次いで「生後3~6ヶ月」(31%)、「生後3ヶ月以内」(15%)、「1歳~1歳半」(12%)の順であった。 視聴を開始している小学生以下の子供のうちの95%が2歳までにテレビ・ビデオ視聴を開始しているという結果であった。

テレビ・ビデオの平均視聴時間
→ 小学生以下の子供 2.6時間
→ 母親 3.5時間

テレビ・ビデオの1日の平均視聴時間を尋ねたところ、小学生以下の子供全体では「2時間」が最も多く36%、次いで「3時間」(24%)であった。母親においても、最も多いのが「2時間」(24%)、次いで「3時間」(22%)であった。平均では、小学生以下の子供が2.6時間、母親では3.5時間と、母親は子供より約1時間長いという結果であった。

「6時間以上」と回答があったのは、小学生以下の子供全体では3%、母親では15%であった。

小学生以下の子供が好きなテレビ番組のジャンル
2歳以下 「子供向け教育番組」 82%
未就学児(3~6歳) 「アニメ」89%、次いで「子供向け教育番組」85%
小学生  「アニメ」92% 「お笑い・コメディ」58%

小学生以下の子供が好きなテレビ番組のジャンルについて尋ねたところ、全体では「アニメ」が76%でトップ。次いで「子供向け教育番組」 (72%)、「お笑い・コメディ」(31%)、「特撮・ヒーロー」(28%)、「音楽」(19%)の順であった。

  • 2歳以下では、「子供向け教育番組」が82%で、次ぐ「アニメ」(43%)を大きく引き離して圧倒的に人気が高い。
  • 未就学児(3~6歳)では、「アニメ」(89%)、「子供向け教育番組」(85%)で人気を分ける結果となった。「特撮・ヒーロー」は、この年代で人気が一番高く48%である。
  • 小学生では、「アニメ」が92%と圧倒的に人気が高い。「お笑い・コメディ」は、58%であった。

小学生以下の子供が好きなテレビ番組
2歳以下 「おかあさんといっしょ」
未就学児(3~6歳)「特捜戦隊デカレンジャー」
小学生 「ポケットモンスター アドバンスジェネレーション」

小学生以下の子供の好きなテレビ番組について自由回答形式で尋ねた。その結果、小学生以下の子供全体では、「おかあさんといっしょ」が15%と最も高く、次いで「いないいないばぁっ」(11%)「ポケットモンスター アドバンスジェネレーション」9%という結果であった。

  • 2歳以下では「おかあさんといっしょ」(34%)、「いないいないばぁっ」(33%)の人気が圧倒的に高く、「それいけ!アンパンマン」(9%)と続いている。
  • 未就学児(3~6歳)では、「特捜戦隊デカレンジャー」(15%)、「おかあさんといっしょ」(15%)の人気が高く、「ポケットモンスター アドバンスジェネレーション」(9%)と続いている。
  • 小学生では、「ポケットモンスター アドバンスジェネレーション」(17%)の人気が高く、「NARUTO」(7%)、「ドラえもん」「名探偵コナン」がともに5%と続いている。

小学生以下の子供のテレビ・ビデオ視聴に関する母親の注意点
「テレビ画面の近くで見せない」82%
「テレビは明るいところで見せる」64%

小学生以下の子供のテレビ・ビデオ視聴に関して、母親が注意している点について尋ねたところ、「テレビ画面の近くで見せない」が最も多く82%であった。次いで「テレビは明るいところで見せる」(64%)、「つけっぱなしにせず、消す習慣をつけさせる」(53%)、「食事のときはテレビを消す」(34%) の順であった。

  • 2歳以下の子供を持つ母親では「一人で見せない」が29%で全体を15%、「テレビやビデオよりも面白い物を子どもに与える」が18%で、全体を8%上回る結果であった。
  • 小学生の子供を持つ母親では、「子供部屋にはテレビ・ビデオを置かない」が46%で、全体を20%上回っている。

小学生以下の子供のテレビ・ビデオ視聴に関する母親の不安点
「視力の低下」90%
「覚えて欲しくない言葉や行動を覚える」49%

子供のテレビ・ビデオ視聴に関して、母親が不安に思っている点について尋ねたところ、「視力の低下」が最も多く90%である。次いで「覚えて欲しくない言葉や行動を覚える」(49%)、「表現が乏しくなる」(26%)、「学力の低下」(22%)の順であった。

小学生の子供を持つ母親では、「学力の低下」が32%で、全体の22%を10%ほど上回っている。

小学生以下の子供のテレビ・ビデオ視聴に関して(自由回答・意見抜粋)

小学生以下の子供のテレビ・ビデオ視聴に関して母親が普段どのように感じているか尋ねた。
以下は意見抜粋である。

反省点
  • 日々テレビを見る時間が多い!そんなんじゃダメだ!とは思いながらも、自分が忙しい時(ご飯の支度など)などは率先して見せたり、ちょっと勝手だよなと反省しています。(東京都 30歳 2歳以下の子供を持つ母親)
  • 親も含めテレビが生活の一部になっているのがいけないことだとは思いつつも、ついついつけてしまっている現状です。(東京都 39歳 未就学児の子供を持つ母親)
不安
問題
  • テレビを見せておくと静かなのでついつい見せてしまうが、子供がテレビをつけるのが当たり前のように思っているところがこの先少し心配。(栃木県 27歳 未就学児の子供を持つ母親)
  • 子供自身が見たい番組と親が見せたい番組とのギャップがある。親子で楽しめる番組がもう少し増えたら嬉しく思う。(岐阜県 35歳 未就学児の子供を持つ母親)
  • テレビに集中しすぎる事がある。怒られているのに目線はテレビにむいている事がよくある。(茨城県 38歳 未就学児の子供を持つ母親)
  • 集中して観ていると、聞こえているのかいないのか、返事をしないことがあるので、心配になることがある。(埼玉県 38歳 小学生の子供を持つ母親)
  • 最近のヒーローものはみんながかっこよくなって、戦うことがかっこいいみたいになっていて困る。(神奈川県 33歳 小学生の子供を持つ母親)
  • 特に土日など、ずっと同じチャンネルで子供向けのアニメだったり特撮だったり番組が続きます。そうすると、なかなかテレビの前から動きません。子供番組が1時間以上続くのはやめて欲しいです。(神奈川県 33歳 小学生の子供を持つ母親)
  • 最近では、自分の好きな番組以外は見ようとしないので、見すぎているとは思わない。むしろ、親の私たちが見てもいないのにつけっぱなしにしている方が問題だと思う。(東京都 38歳 小学生の子供を持つ母親)
  • ドラマや映画などで、ラブシーンなどが多すぎるような気がする。 ドラマに限らず、バラエティでも「エッチする」や「セックス」などの言葉が多々使われるし、暴力的なシーンが多すぎる。(東京都 37歳 小学生の子供を持つ母親)
テレビCM
  • テレビCMの言葉をよく覚えると感じます。「アタック~」とか。これが出てくるとやばいなと思って、意識して視聴時間を減らします。(高知県 32歳 未就学児の子供を持つ母親)
  • テレビCMが好きでCM中は呼んでも見向きもせず集中している。(埼玉県 26歳 2歳以下の子供を持つ母親)
その他
  • 朝起きたらとにかく子供自身でテレビをつけるようになり、おもちゃで遊んでいてもテレビをつけたがる。面白い番組を逃したくない気持ちがあるようです。日中は保育園なので、食事中だけでも会話をしたいので、絶対テレビは消すようにしています。(宮城県33歳 未就学児の子供を持つ母親)
  • テレビが大好きで、いつこの番組があるということを本当によく知っています。この能力をもうちょっと違う方向にいかしてくれたらいいのにと思うのですが。(大阪府 32歳 未就学児の子供を持つ母親)
  • テレビの好きなキャラクターなどでやってはいけない事などを見ると子供もしないようになったりと良い事もあるが、教えてない言葉などを突然言われると驚きも多々(ある)。(神奈川県 30歳 未就学児の子供を持つ母親)
  • 内容がいい番組もあると思うので、すべてがだめではないと思う。見せっぱなしではなく、一緒にみていて「どう思う?」とか声をかけながら見たり、一緒に参加して考えたり歌ったりテレビをうまく利用していけば問題はないと思っています。 ただ視力の低下・運動不足などは心配です。(愛知県 33歳 小学生の子供を持つ母親)
  • 私たち親の世代が、すでに生まれたときからテレビがあった世代ですが、とりあえず普通に社会生活を送っていますので、テレビが子供に与える影響についてはさほど心配はしていません。(神奈川県 39歳 小学生の子供を持つ母親)
調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。