ミネラルウォーターに関する調査Publicity open research results

2002年09月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 普段の飲み水は、「市販のミネラルウォーター」2割、「水道水」約7割
  • 「水道水」を飲み水として使用する人のうち、62%が「何らかの処理(浄水器を通す、一度沸騰させるなど)」をしている

インターネットリサーチの株式会社マクロミル(本社:東京都渋谷区、社長:杉本 哲哉)では、2002年9月2日(月)~3日(火)、インターネットにより全国の10~40代の男女523名に対して、「ミネラルウォーターに関するアンケート」を実施いたしました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査対象 : マクロミルのモニタ会員・全国の10~40代の男女

有効回答数 : 523サンプル

調査日時 : 2002年9月2日(月)~2002年9月3日(火)

調査機関 : 株式会社マクロミル

「飲み水」について:主な飲み水は?

  • 「市販のミネラルウォーター」2割
  • 「水道水」約7割

飲み水について:「水道水」を飲み水として使用する人は心配?

  • 何らかの処理(浄水器を通す、一度沸騰させるなど)をしている:62%
  • 特に何もしない:37%

ミネラルウォーターについて:購入場所

  • 「スーパーマーケット」6割、「コンビニエンスストア」5割
  • 男性は「コンビニエンスストア」、女性は「スーパーマーケット」が最も多い

ミネラルウォーターについて:購入頻度

  • 「月に2~3回くらい」が最も多い
  • 女性よりも男性のほうが購入頻度は若干高い

ミネラルウォーターについて:購入時の重視点

  • 「価格の安さ」約6割、「おいしさ」5割

ミネラルウォーターについて:いつも購入しているミネラルウォーター

  • 「南アルプスの天然水」64%でトップ

1、飲み水

主にどのような水を飲み水として使用していますかと尋ねたところ、全体の約7割が「水道水」と答えた。「市販のミネラルウォーター」は2割であった。

上記で「水道水」を飲み水として使用していると回答した人に、どのような処理をして飲んでいるか尋ねた。その結果、浄水器を通す、一度沸騰させるなど、何らかの処理をしている人は、合計で62%であった。一方、「特に何もしない」という人は37%であった。

飲み水として、水道水以外の水を使用していると回答した人に、水道水を飲み水として使用しない理由を訊いたところ、「おいしくないから」との意見が際立った。

飲み水として、水道水以外の水を使用していると回答した人に、水道水を飲み水として使用しない理由を訊いたところ、「おいしくないから」との意見が際立った。

2、ミネラルウォーター

ミネラルウォーターを自分で購入するかどうか尋ねたところ、全体の約6割が「はい」と回答した。

また、ペットボトルのミネラルウォーターの購入場所を尋ねたところ、全体では「スーパーマーケット」が6割で最も高く、「コンビニエンスストア」が5割で続いた。 これを男女別に見ると、男性では「コンビニエンスストア」が「スーパーマーケット」を10ポイント上回ったのに対し、女性では、「スーパーマーケット」が「コンビニエンスストア」を20ポイント以上上回った。

ミネラルウォーター(ペットボトル)の購入頻度を尋ねた。その結果、全体では「月に2~3回くらい」が26%で最も多かった。また、「週に1回くらい」以上購入する人の割合を見ると、男性51%、女性40%となっており、女性より男性のほうが購入頻度は若干高いことが窺える。

一度に購入するミネラルウォーター(ペットボトル)の本数を尋ねた。その結果、全体では約6割が「1本」と回答した。女性のほうが、「2本以上」や「ケースでまとめて」との回答が多かった。

ミネラルウォーターを購入する際の重視点を尋ねたところ、約6割が「価格の安さ」をあげ、「おいしさ」が約5割で続いた。また、水の成分や軟水・硬水といった点よりも、「メーカー名」「ブランド」の方がポイントは高かった。  また、ミネラルウォーターを飲み水として使用している人に絞ってみると、全体と比べ「メーカー名」が10ポイント以上高くなっている。

いつも購入しているミネラルウォーターを尋ねたところ、「南アルプスの天然水」が64%で最も多かった。それに「六甲のおいしい水」「エヴィアン」「ボルヴィック」が続いた。

ミネラルウォーターを飲み水として使用している人に限ってみた場合には、「南アルプスの天然水」が約7割、「六甲のおいしい水」が約6割と他ブランドを引き離している。

ミネラルウォーターの用途を尋ねたところ、最も多かったのは「そのまま飲む」であった。「お茶・紅茶・コーヒー用に」「水割り用に」は2~3割、「炊飯に」は1割強であった。

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。