ゴールデンウィークの過ごし方に関するアンケートPublicity open research results

2002年04月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • ゴールデンウィークは国内旅行もしくは近場で
  • 国内旅行先は36.4%が「関東」

インターネットリサーチの株式会社マクロミル(本社:東京都渋谷区、社長:杉本 哲哉)では、2002年04月10日(水)~2002年04月11日(木)の両日、インターネットにより、1都3県の男女1034名 に対して、「ゴールデンウィークの過ごし方に関するアンケート」を実施いたしました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査対象 : マクロミルのモニター会員・1都3県の男女

有効回答数 : 1034サンプル

調査日時 : 2002年04月10日(水)~2002年04月11日(木)

調査機関 : 株式会社マクロミル

ゴールデンウィークは国内旅行もしくは近場で

ゴールデンウィークの過ごし方を尋ねたところ、「国内旅行に出かける(帰省を含む)」が3割と最も多かった。また、「近場に出かける」(22.1%)も比較的多かった。

国内旅行先は関東

国内旅行予定者に旅行先について尋ねたところ、「関東」が36.4%と最も多かった。

また、「東京ディズニーシー/東京ディズニーランド」は6.2%、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」は2.3%であった。

旅行の情報収集はインターネット

国内旅行予定者、海外旅行予定者に情報収集方法について尋ねたところ、「インターネット」が最も多かった(国内旅行予定者:31.1%、海外旅行予定者:48.1%)

米国同時多発テロ事件についての旅行者の意識

昨年9月の米国同時多発テロ事件を受けて、今回海外旅行に出かけるにあたり不安はないかを尋ねたところ、海外旅行予定者の3人中2人は「不安はない」、「あまり不安はない」と回答した。

国内旅行予定者が、国内を選んだ理由として、「米国同時多発テロ事件等で海外旅行が不安だから」を選択した割合は1.0%に過ぎなかった。

ゴールデンウィークは国内旅行もしくは近場で

今年のゴールデンウィークの主な過ごした方を尋ねたところ、「国内旅行に出かける(帰省を含む)」が3割と最も多かった。 また、「近場に出かける」(22.1%)という人も比較的多い一方、「海外旅行に出かける」という人は2.6%とわずかであった。

これを年代別に見ると、50才以上(n=54)では、「国内旅行に出かける(帰省を含む)」が50.0%、「海外旅行に出かける」が9.3%と、いずれも平均値を大きく上回った。

国内旅行先は関東

「国内旅行に出かける」人(n=305)に、旅行先を尋ねたところ、「関東」が36.4%と最も多かった。また、「東京ディズニーシー/東京ディズニーランド」(6.2%)、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(2.3%)という人もいた。

また、「海外旅行に出かける」人(n=27)の旅行先では、「上記以外の東南アジア*」、「韓国」、「香港」、「中国(本土)」が比較的多かった。

(*上記とは、韓国、台湾、香港、中国(本土)、シンガポール、タイ、インドネシアの7カ国。)

国内旅行予算は、1万円~3万円

国内旅行に出かける」人(n=305)に1人あたりの旅行予算を聞いたところ、「1万円以上2万円未満」(23.9%)、「2万円以上3万円未満」(23.6%)との回答が比較的多かった。

また、「海外旅行に出かける」人(n=27)では、1人あたりの予算は「5万円以上10万円未満」(33.3%)、「10万円以上15万円未満」(33.3%)が多かった。

旅行の情報収集はインターネット

「国内旅行に出かける」人(n=305)に、旅行の情報収集について尋ねた。この結果、「インターネット」が31.1%で最も多かった。次いで、「雑誌」(11.8%)、「旅行代理店のパンフレット」(10.8%)であった。

また、「海外旅行に出かける」人(n=27)に同じ質問をしたところ、同じく「インターネット」が最も多く、48.1%とほぼ半数を占めた。

昨年の米国同時多発テロ事件についての旅行者の意識

国内旅行に出かける」人(n=305)に対して、旅行に出かける主な理由を尋ねたところ、「米国同時多発テロ事件等で海外旅行が不安だから」との回答は1.0%に過ぎなかった。

また、「海外旅行に出かける」人(n=27)に対して、昨年は米国同時多発テロ事件等があったが、今回海外旅行に出かけるにあたり不安はないかと尋ねてみた。その結果、「不安はない」、「あまり不安はない」との回答が66.7%と、3人に2人はあまり不安を感じていないことが分かった。

ニューヨークのテロ事件から半年以上が経過し、旅行者の不安度は低くなったようだ。

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。