プロスポーツに関する調査Publicity open research results

2001年08月09日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 日本人プロスポーツ選手の海外進出について、9割以上が「海外で通用する選手は、海外でプレーすべき」と回答
  • 7割弱が、「スポーツ関連のニュースを気にしてみるようになった」と高い反応

インターネットリサーチの株式会社マクロミル・ドット・コムでは、「プロスポーツに関する調査」を実施いたしました。調査期間は2001年8月6日(月)/7日(火)の両日、インターネットにより、全国の成人男女518名に対して、アンケートを行いました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査対象 :マクロミル・ドット・コムのアンケートモニタ会員「millメンバー」プロスポーツに関心のある人

有効回答数 : 518サンプル

調査日時 : 2001年8月6日(月)~8月7日(火)

調査機関 : 株式会社マクロミル

現在、野球ではイチロー、佐々木、サッカーでは中田などが海外で活躍しています。その反面、国内のプロスポーツが面白くなくなったとの声も聞こえますが、本音のところはどうなのか、尋ねてみた。

9割以上が、「海外で通用する選手は、海外でプレーすべき」と回答

93.1%の人は「海外で通用する選手は、海外でプレーすべき」と回答しており、逆に「これ以上、海外に出て行くのはやめて欲しい」とする回答はわずか5.2%、「最初から日本人選手の海外への進出はやめて欲しかった」は1.0%と皆無に等しかった。【図1】 また、海外で活躍する日本人プロスポーツ選手として純粋想起される選手としてはやはり「イチロー」「中田」「佐々木」「新庄」が多数を占めた。

7割弱が「スポーツ関連のニュースを気にしてみるようになった」

日本人プロスポーツ選手が海外で活躍するようになって、自分自身の行動にどのような変化が生まれたのか尋ねてみた。

「スポーツ関連のニュースを気にしてみるようになった」と回答した人は67.4%と高い反応を示している。また「BS放送に加入した」と回答した人は5.6%、BS放送への加入に興味・関心を示した人となると15.1%まで拡大する。 【図2】

※グラフにある( )内の数字は興味・関心を持ったと回答した数字を示す。( )がないものについては調査を行っていない。

テレビ番組の視聴時間について、約3割が「巨人戦を見るのが昨年より減った」

テレビ番組のジャンル別に、昨年と比較し、視聴時間の増減について尋ねてみた。 巨人戦に関しては「減った」(12.0%)「やや減った」(18.5%)とする回答は、合わせると約3割に達している。これは他のジャンルと比較すると圧倒的な高さとなっている。

逆にメジャーリーグの「増えた」「やや増えた」とする回答は6割以上に達している。 【表1】

巨人戦の視聴時間減少は、年代が高いほど顕著

巨人戦の視聴時間について、さらに年齢別に比較してみた。

もともと「巨人戦を以前からあまりみない」とする人が低年齢層ほど高いウェイトを占めていることもあり、視聴時間が「やや減った」「減った」と回答する人が高年齢層になるにつれて高くなる傾向となっている。【表2】

巨人戦のテレビ視聴時間が減少した理由として「日本人プロスポーツ選手の海外での活躍によって、関心が低くなったから」が約4割

巨人戦の視聴時間が「やや減った」「減った」と回答した人(N=158)にその理由について尋ねてみた。

「日本人プロスポーツ選手の海外活躍で、日本のプロ野球に対して関心が低かったから」とする回答が38.6%と約4割を占め、「今年はたまたま見る機会が少なかった」(19.6%)など外的要因とする回答を大きく上回っている。

また、約2割を占める「その他」の中には『巨人のやり方が嫌い』『巨人の野球が面白くない』などといった巨人批判が多数を占めた。 【図3】

約5割が「日本のプロ野球より、メジャーリーグの方が面白くなった」と回答

日本人のプロ野球選手が海外で活躍するようになって、プロ野球に対する意識の変化について尋ねてみた。

「日本のプロ野球より、メジャーリーグの方が面白くなった」とする回答は48.5%と半数近くを占めている。【図4】

巨人戦視聴時間減少者の7割強が「日本のプロ野球より、メジャーリーグの方が面白くなった」

さらに巨人戦の視聴時間の増減別に比較してみた。巨人戦の視聴時間が今年になって減少したと回答した人のうち、72.2%の人が「日本のプロ野球よりメジャーリーグの方が面白くなった」と回答しており、他を圧倒する高さとなっている。

この結果は、前質問で巨人戦を見なくなった原因として「日本人プロスポーツ選手の海外の活躍によって、日本のプロ野球に対する関心が低くなった」とする回答が高いウェイトを占めたことを裏づけするものとなった。【表3】

4割強が「メジャーリーグの試合をもっと日本でやってほしい」と望んでいる

今年、メジャーリーグの開幕試合が日本で開催されましたが、今後は何を望んでいるのか尋ねてみた。

「メジャーリーグの試合をもっとやってほしい」とする回答は44.2%と半数近くを占めた。

メジャーリーグのテレビ放送が数多くなされるようになり、生に試合を見てみたいという要望が増えてきたと思われる。 【図5】

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。