ACBC(Adaptive Choice-Based Conjoint Analysis)

消費者の購買プロセスを再現し、シミュレーションでシナリオチェック。
耐久消費財の商品開発やプライシングに最適なコンジョイント手法。

購入候補の商品群から商品を選ぶ実験・分析方法と、商品競争力を明らかにするシミュレーションによってマーケティングの意思決定を強力にサポートする、世界で最新のコンジョイント手法です。

※米国Sawtooth Software社のACBCを導入しております。

このようなときに・・・
  • 消費者にとって重要な商品属性の絞り込みができず、多くの属性の中から重要度の高い属性を発見したい
  • 競争力のあるコンセプト開発やスペック決めをしたい
  • 競合に対して競争力のある価格設定がしたい
こんなことができます
  • 実際の購入シーンに近い形で調査ができるため、多くの商品属性の中から重要度の高い属性を発見することができます
  • 様々な商品スペックを組み合わせた中から、最も競争力のあるスペックの組み合わせを見つけることができます
  • 価格や商品スペックなどの影響を除いたブランド価値測定や金額換算

1.ACBCの特長

耐久消費財の購入シーンに近い測定方法で、消費者の購買環境を再現します

自動車、パソコン、家電製品などの耐久消費財では、最初に買ってもいいと思う商品群(考慮集合)を選び、その中で比較・検討を行い、購入商品を決めることが多くみられます。ACBCでは、回答者ごとに前の回答結果に応じて仮想商品をカスタマイズ(adaptive=適応できる)して提示するため、実際の購入シーンに近いイメージで調査を行うことができます。

非補償型ルールに沿って、消費者のよりリアルな購買行動を把握します

他のコンジョイント手法は、「この要素は購入には絶対必要」「この要素を満たさないと購入しない」といった特定の水準が購入意向に影響を与える行動パターン(非補償型ルール)に対応できていませんでしたが、ACBCでは、このような購買行動も含めた消費者の購買行動を再現することができます。

多国間比較調査にも活用できます

多国間の比較調査を行う場合、従来調査では、国民性により回答傾向が異なるため単純比較がしにくいといった問題がありました。ACBCでは、仮想商品を提示して購買行動を選択する測定方法を採用しているため、国民性による回答傾向の影響を受けにくく、複数国間の傾向がより把握しやすくなります。

n=1から効用値を算出可能、定性調査との組み合わせも可能です

1サンプルから効用値を算出し、シミュレータを作成できます。グループインタビューやデプスインタビューなど定性調査を実施する際の対象者の背景情報として、ご活用いただけます。

2.マクロミルのACBC 特長

  • 当社では、「シナリオプランニング」をサポートするために、シミュレーションを行いやすい独自シミュレーター(日本語・英語)をご用意いたします。
  • ご要望に応じて、シミュレーション結果を意思決定しやすいように2次データなどを利用してチューニングいたします。
  • 味や手触り、重さなどの感覚が重要な商材の場合は、会場調査(CLT)で実施することも可能です。
  • さらに、独自開発手法『PRICE2』を併用いただくことにより、価格の意味を多面的に捉え、意思決定を行うことが可能になります。

※Excelは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。

3.調査画面(設問)イメージ

携帯電話に関するアンケート

1.理想の商品スペックを選択してもらいます

1.理想の商品スペックを選択してもらいます

2.複数の仮想商品を提示し、買う可能性があるか回答してもらいます

2.複数の仮想商品を提示し、買う可能性があるか回答してもらいます

3. 「絶対必要な要素」「満たさないと買わない要素」を回答してもらいます

3. 「絶対必要な要素」「満たさないと買わない要素」を回答してもらいます

4.買う可能性がある商品の中で、最終的に買いたいものを選択してもらいます

4.買う可能性がある商品の中で、最終的に買いたいものを選択してもらいます

4.アウトプットイメージ

シミュレーター

マクロミル独自開発のシミュレーターを利用することで、コンジョイント分析で得られたデータをもとにした様々なシナリオシミュレーションを、直感的操作で行うことができます。

シミュレーター

<独自開発シミュレーター[Scenario Simulator]詳細はこちら

シナリオシミュレーション例

例 【商品開発におけるシナリオ評価】

自社商品のスペックを変動(機種Cのカメラ画素数を変更)したシナリオにおけるマインドシェア・シミュレーション。

例 【商品開発におけるシナリオ評価】

例 【新商品投入におけるシナリオ評価】

新たに新機種を投入したシナリオにおけるマインドシェア・シミュレーション。

例 【新商品投入におけるシナリオ評価】
関連サービスのご紹介

CBC (Choice-Based Conjoint Analysis) + HB (階層ベイズ法)

ACA (Adaptive Conjoint Analysis)

PRICE2(Price Reasonability Index by Consumer's Evaluation 2)

会場調査(CLT)

GlobalMill

コンジョイント分析シミュレーター[Scenario Simulator]

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。