ブランドリフト(効果)とは

市場調査用語や分析手法について詳しく解説。分析手法では事例を用いて
複雑な分析手法を分かりやすく紹介。ネットリサーチ国内最大手のマクロミル運営。

ブランドリフト(効果)

ブランドリフトとは、ブランディング広告への接触グループと非接触グループの割合を比較し、後者が前者より上がったことを示す指標のことです。

従来のオンライン効果指標(クリックやコンバージョンなどのダイレクトレスポンス系指標)による効果測定では、動画広告やインタラクティブ広告などのリッチアドの効果は見えなかった(低いとされていた)が、アンケートによりブランドリフト効果を調査してみると、認知度、メッセージ想起、好意度、購買意向など、ブランディング系の効果指標での上昇が確認された事例も多く、広告主のリッチアド利用を促進する効果測定指標として期待されています(主に広告販売サイドから)。

ただし、従来のオンライン効果指標と違って、この効果を実証するには広告に触れた人と触れていない人に対して、同じ形式でアンケートを行うなど、実際にユーザーに“聞く”必要があります。

その手法として、「インバナーサーベイ」「リードバナーアンケート」などの新しいアンケート調査手法が生まれています。これらの調査手法は、調査会社が提供する市場調査サービスよりも、シームレスに広告キャンペーンと連携でき、リアルタイムのアウトプットが強みです。

出典:デジタルマーケティングラボ -Webマーケティング用語-

その他のデジタルマーケティング用語一覧

CONTACT US

お気軽にご連絡ください。

フリーコールFREE CALL
0120-096-371
このページのトップへ戻る