リードバナーアンケートとは

市場調査用語や分析手法について詳しく解説。分析手法では事例を用いて
複雑な分析手法を分かりやすく紹介。ネットリサーチ国内最大手のマクロミル運営。

リードバナーアンケート

インバナーサーベイと同じく、広告接触者と非接触者のブランド態度をリアルタイムに比較し、その差異を効果として計測するディスプレイ広告の効果測定手法の1つです。ディスプレイ広告枠に対して、アンケート回答用のバナーを配信して回答者を集めます。

インバナーサーベイでは、アンケート回答をバナー内で行うのに対し、リードバナーアンケートでは、アンケート専用の回答ページで回答する点が異なります。これにより回答精度が向上することが期待されています。また、質問数の上限がゆるいことや、通常のネットリサーチと同様のロジック設定やFAの設定ができる点(システム的には可能だが、サービスによって提供機能は異なる)も特徴です。

ただし、掲載されるバナーは通常の広告バナーと同様に、クリックして別ページ(アンケート回答ページ)に遷移するものなので、インバナーサーベイよりも回答率(インプレッションに対する回答完了率)が低くなります。よって、配信コストが増加するという課題があります。

出典:デジタルマーケティングラボ -Webマーケティング用語-

その他のデジタルマーケティング用語一覧

CONTACT US

お気軽にご連絡ください。

フリーコールFREE CALL
0120-096-371
このページのトップへ戻る