DMP(Data Management Platform)とは

市場調査用語や分析手法について詳しく解説。分析手法では事例を用いて
複雑な分析手法を分かりやすく紹介。ネットリサーチ国内最大手のマクロミル運営。

DMP(Data Management Platform)

DMP(Data Management Platform)とは、「データ・マネジメント・プラットフォーム」の略称であり、インターネット上の様々なサーバーに蓄積されるビッグデータや自社サイトのログデータなどを一元管理、分析し、最終的に広告配信などのアクションプランの最適化を実現するためのプラットフォームのことです。

DMPは大きく2種類に分類されます。1つは広告配信先のデータセラーとしての機能を果たすタイプの「オープンDMP」、もう1つは企業が自社で蓄積したWebログや顧客DBなどの蓄積したデータを利用するタイプの「プライベートDMP」です。

「オープンDMP」は、Webサイト訪問ユーザーのデモグラ情報や、興味関心・嗜好性等などの外部のオーディエンスデータとデータエクスチェンジさせることができるクラウド型のデータプラットフォーム(様々なWebサイトのオーディエンスデータを集約して整理するデータ格納庫のようなもの)のことです。

「プライベートDMP」は、オープンDMPの領域に加え、企業独自ののマーケティングデータ(購買情報、ユーザープロファイル、各種プロモーションの結果等)を集約し、それを外部のオーディエンス情報とシンクさせ構築するプラットフォームです。CRMデータに従来では取得することが難しかった外部データを組み合わせたものだと理解しやすいと思います。データ格納先が企業側にあるというところがポイントです。

こういった説明をするとプライベートDMPは素晴らしいシステムに思えますが、企業側でのデータ整備の必要があるので、導入の敷居はオープンDMPよりも高いです。さらにシステム面以外にも、データの取り扱いや、各部署・担当者の連携や責任の範囲、セキュリティーやプライバシーの問題など、導入までに乗り越えなくてはならない壁も多いです。

出典:デジタルマーケティングラボ -Webマーケティング用語-

その他のデジタルマーケティング用語一覧

CONTACT US

お気軽にご連絡ください。

フリーコールFREE CALL
0120-096-371
このページのトップへ戻る