広告IDとは

市場調査用語や分析手法について詳しく解説。分析手法では事例を用いて
複雑な分析手法を分かりやすく紹介。ネットリサーチ国内最大手のマクロミル運営。

広告ID

広告IDとは、AppleやGoogleなどのプラットフォーム事業者からアプリ開発者に提供され、ユーザーがオプトアウトできる、匿名かつユニークな、広告配信識別用のIDのことです。リターゲティングやインタレストベースの広告配信に利用されます(アプリでの広告配信のみ、ブラウザは非対応)。

スマートフォンアプリ広告では、これまで「端末識別ID(AppleではUDID)」が利用されてきたが、これには「ユーザーが自由に削除、オプトアウトなどできない」などのプライバシー保護上の問題があり、2011年頃から段階的に廃止されてきた。これに代わるIDが、広告IDになります。

広告IDは、プラットフォーム自体が提供するIDなので、各ユーザーが使用しているアプリや、そのアプリの使用状況などの情報を持っており、精度の高いターゲティングが期待されています。ただし、利用できる範囲がアプリに限定されているので、ブラウザではCookieを利用したターゲティングがまだまだ主流となりそうです(2015年3月現在)。

出典:デジタルマーケティングラボ -Webマーケティング用語-

その他のデジタルマーケティング用語一覧

CONTACT US

お気軽にご連絡ください。

フリーコールFREE CALL
0120-096-371
このページのトップへ戻る