AIDMA(アイドマ)とは

市場調査用語や分析手法について詳しく解説。分析手法では事例を用いて
複雑な分析手法を分かりやすく紹介。ネットリサーチ国内最大手のマクロミル運営。

AIDMA(アイドマ)

「AIDMA」とは、マーケティングにおける消費者の各行動を英語の頭文字で表した用語。ある商品について、消費者が認知から購買に至るまでのプロセス「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Desire(欲求)」「Memory(記憶)」「Action(行動)」から成り立つ。販売員が接客時に「AIDMA」から顧客の心理状態を見極めることで、購買までの戦略を考えることができる。 米国の学者ローランド・ホールが『Retail Advertising and Selling(小売りにおける宣伝と販売)』にて提唱した。

その他のリサーチ用語一覧

わ行

割付

CONTACT US

お気軽にご連絡ください。

フリーコールFREE CALL
0120-096-371
このページのトップへ戻る