家計調査サービス『MHS』
~世帯・個人の消費購買調査データの革新~

MHS(MACROMILL Household Spending Panel Survey)は、世帯・個人の商品・サービス購買を網羅した今までにない家計調査データです。 「いつ・どこで・誰が・何を・いくつ・いくらで・どうやって・誰のために」購買したかを正確に取得した「家計消費の支出データ」を提供いたします。衣・食・住、通信、交通、レジャー、教育などの生活に関わる全ての商品やサービスをブランド・アイテムレベルで購買データを調査するので、購買頻度や日時、購入理由などの意識調査までも一貫して把握できます。ライフスタイルの違いによる購買行動を可視化できるので、消費実態を正確に捉えたマーケティングデータとしてご活用いただけます。

DATA<

DATA

世帯・個人単位での集計が可能

世帯構成、人口構成を考慮して分析が可能な家計パネルデータ。全国20,000人のモニタからデータを収集し、ライフスタイルの違いによる支出行動を可視化します。世帯構成員全員の性、年代、未既婚など、豊富な属性情報を保有しています。

DETAIL

DETAIL

誰が・どのように購買したのか全商品・サービスに対応

ブランド・アイテムレベルでの細目データ等の細かい単位でデータ分析が可能です。
商品名の他に、使用者、支払者、購入方法を取得しているため、詳細な調査ができ、属性・意識データと組み合わせた購買行動の分析までも実現できます。それにより、ブランド、世帯、個人等にフォーカスしたプロファイル分析で一歩踏み込んだマーケティングにご活用いただけます。バーコード以外の商品マスタについても随時作成予定です。

SURVEY

SURVEY

アンケート調査による深堀り

特定の商品・サービスを利用したモニタに絞ってアンケートを実施し、意識を探ることが可能です。
また、アンケート結果と商品・サービスの購買履歴を合わせて分析することで、消費行動を更に深堀りし、購入に至る意識調査まで把握することが可能です。
意識データ取得の際、ネットリサーチで集計したり、特定のモニタに日記調査を依頼したり、グループインタビューでヒアリングをする定性調査を実施したりすることもできます。
近年増加・複雑化した世帯の
家計データ
家計データ
衣・食・住、通信、交通、レジャー、
教育などの生活に関わる全ての
商品やサービスを網羅
全ての商品やサービスを網羅

家計調査サービスMHSの活用イメージ

家計調査サービス『MHS』は、様々なデータ分析や、ユーザープロファイリング、意識調査にご活用いただけます。

CONTACT US

まずご連絡くださいませ。

MHSのソリューション事例

MHSなら、様々なマーケティング上の課題に対して、適したソリューションをご提案できます。

マーケティング上の課題ソリューション
自社および競合の商品・サービスの購入者を正確に把握できない。

ユーザー・ターゲット把握

MHSでは、消費者の全購買データを取得しているため、特定の商品・サービス利用者の属性を把握することができます。また、過去の購買行動とあわせて分析することで、ユーザー像やターゲット像を明らかにすることができます。
自社商品・サービス購買者がどこから流入 (どこへ流出)したのかわからない。

流入・流出分析

購買履歴から、商品・サービスのスイッチ状況を把握することができます。売上の増減が自社カテゴリ内での変化なのか、カテゴリを越えた変化なのかも把握することができます。
販促の効果がどの程度あったのか、把握したい。

販促効果測定

販促前後の購買履歴を比較することで、その効果がどの程度あったのかを把握することができます。また、モニタへのアンケートを実施することで、認知や利用きっかけなど、意識面でも効果を把握することができます。
消費者が店舗をどう使い分けているかを知りたい。

買い回り分析

全業態でのデータを保有しているため、どの業態(通販含む)、チェーン、店舗で何を購入したのか、使い分けを把握することができます。また、モニタへのアンケートで、使い分けの理由も合わせて確認することができます。
世帯構成が多様化するなか、世帯による購買特徴の違いを把握したい。

世帯特徴分析

世帯構成員すべての属性(性年代、就労有無など)を取得 しており購買と掛け合わせることで、世帯における購買特徴を把握することができます。また、世帯間比較が可 能になるだけではなく、時系列で変化を捉えることもできます。

MHSモニタによる商品・サービス購買情報の収集方法

MHSモニタは支出後に、購入したレシートや商品に付いているバーコードを、スマートフォンの支出管理アプリで読み込み世帯支出全てを記入します。
※家賃や光熱費等のレシートもバーコードもない出費については手で入力します。
これにより、「購買日時」「購入先」「購入者の属性情報」「商品情報」「購入価格」「購入個数」「支払い方法」「使用者」など、MHSモニタの日々の購買情報すべてが集積されます。

使い方1
使い方2
使い方3

スマートフォンで購入した商品のレシートやバーコードを読み取り、その場で購買情報が登録されます。

家計調査パネル(MHSモニタ)

マクロミルのネットリサーチモニタから、MHSモニタとして登録した20,000人でサービスをご提供しています。(2016年4月より対象エリアを全国に拡大)

対象者 15~69歳
対象世帯数 ※設計数 20,000人
エリア 全国
収集方法 スマートフォンアプリ
収集データ範囲 購買(支出)全体
調査項目 使用者、購入者、購入場所、JANコード、
JANコード以外の購入、購入金額、購入日時、決済手段
収集開始時期 2015年4月~ 関東・東海・近畿、2016年4月~ 全国

あるMHSモニタの例

1日にお支払いをした内容をスマートフォンの支出管理アプリを使用して収集。
支出情報から、世帯・個人のライフスタイルが見えてきます。

モニタの1日

サービス料金

世帯購買履歴データ「MHS」は分析内容によって料金は異なりますので、詳細はご希望をお伺いしてお見積もりいたします。 詳しくは、お問い合わせください。

CONTACT US

お気軽にご連絡ください。

フリーコールFREE CALL
0120-096-371
消費者購買履歴データ
このページのトップへ戻る