2017年3月7日|Author : トコナッツ

プレミアムフライデー導入の職場で働く400人へ実態調査

Tag : プレミアムフライデー,働き方,キャンペーン,イベント,経済産業省,経団連

レポートをダウンロードする
  • ブックマーク
  • ツイート
日本人から見た“日本のイメージ”を大調査!2020年までに改善したほうがいいことは?

先月24日(金)からスタートしたプレミアムフライデー。「早帰りできた?」「何をして過ごした?」等の気になる実態について、プレミアムフライデーが導入された職場で働く会社員・公務員のうち、当日に早帰りの対象だった人に、プレミアムフライデーがスタートした翌日の25日(土)から調査を実施しました。(15,000人の会社員・公務員を対象にした実態把握調査も実施!)

TOPICS

  • 会社員・公務員の“プレミアムフライデー認知率”は92%、職場での導入率は7%
  • プレミアムフライデーが導入され、早帰りの対象者のうち、実際に早帰りができた人は半数強の56%
  • 外出した人多数! 早帰りができた人の8割が「立ち寄った、お出かけした」
  • 金曜早帰りで、外出した人の過ごし方ランキング、1位「外食」55%、2位「ショッピング」40%、
    “2.5日旅”の浸透はこれからか? 「旅行」はわずか3%にとどまる
  • 金曜早帰りで外出した人の43%が、プレミアムフライデーイベントや、割引・サービス等を利用!

会社員・公務員の“プレミアムフライデー認知率”は92%、職場での導入率は7%

全国の会社員(経営者・役員含む)、公務員15,000人(2017年労働力調査の年齢5歳階級別就業者数および就業率に合わせて回収)にプレミアムプライデー実態把握調査を実施したところ、プレミアムフライデーの認知率は92%でした。内訳は、「内容まで知っている」60%、「聞いたことがある」32%となっています。

また、職場でのプレミアムフライデー導入率は7%でした。内訳は、「導入されていて、早帰りの対象である」4%、「導入されているが、早帰りの対象ではない」3%で、全社員が対象ではないという職場もあるようです。

会社員・公務員にきく “プレミアムフライデー認知率”

“会社員・公務員にきく “プレミアムフライデー認知率” <ベース:全国の経営者・役員、会社員、公務員 / n=15,000>

会社員・公務員にきく “プレミアムフライデー導入率”

“会社員・公務員にきく “プレミアムフライデー導入率” <ベース:全国の経営者・役員、会社員、公務員/ n=15,000>

プレミアムフライデーが導入され、早帰りの対象者のうち、実際に早帰りができた人は半数強の56%

プレミアムフライデー実態調査で、プレミアムフライデーが職場に導入されていて、早帰りの対象であると回答した400人※1に、プレミアムフライデー初回の2017年2月24日(金)の翌日から、実際に早帰りができたかをたずねると、「早帰りができた」は半数強の56%でした。実際には早帰りができなかった人も半数弱いたようです。

※1 2017年2月24日(金)に出勤した人に限定

プレミアムフライデーで、実際に早帰りができたか

プレミアムフライデーで、実際に早帰りができたか <ベース:プレミアムフライデーの早帰り対象者 / n=400>

外出した人多数! 早帰りができた人の8割が「立ち寄った、お出かけした」

プレミアムフライデーで早帰りができた人に、仕事の後の過ごし方についてたずねると、「立ち寄った、お出かけした」人は79%と、多くの人が外出したことがわかりました。

仕事の後、外出をしたか

仕事の後、外出をしたか <ベース:プレミアムフライデーで早帰りができた人 / n=222>

金曜早帰りで、外出した人の過ごし方ランキング、1位「外食」55%、2位「ショッピング」40%、
“2.5日旅”の浸透はこれからか? 「旅行」はわずか3%にとどまる

早帰りができ、その後外出した人に、具体的な過ごし方をたずねると、上位から「外食をした」55%、「ショッピングをした」40%、「アミューズメント・レジャー施設に行った」14%と続きました。

また、プレミアムフライデー推進協議会による消費喚起策の1つに、“2.5日旅”がありますが、早帰りができた人のうち「旅行に行った」人は、わずか3%にとどまり、浸透はこれからのようです。

外出した人の過ごし方

外出した人の過ごし方 <ベース:プレミアムフライデーで早帰りができ、外出した人 (複数回答)/ n176>

金曜早帰りで外出した人の43%が、プレミアムフライデーイベントや、割引・サービス等を利用!

多くの飲食業やサービス業で、プレミアムフライデー限定のイベントや、割引・サービス等の販促活動が行われました。早帰りができた人に、これらを利用したかたずねると、43%が利用したと回答しました。

プレミアムフライデーイベントや、割引・サービス等を利用したか

プレミアムフライデーイベントや、割引・サービス等を利用したか <ベース:プレミアムフライデーで早帰りができ、外出した人 / n176>

他にもこんな調査結果あります!

掲載したもの以外にも、さまざまな設問・調査結果がございます。
詳細データは、無料レポート・グラフ集に掲載しています。ダウンロードしてご覧ください。

働く男女15,000人にきく プレミアムフライデー実態把握調査

対象:全国20~59歳の経営者・役員、会社員、公務員15,000人
割付:総務省統計局『2017年労働力調査』による年齢5歳階級別就業者数および就業率を元に割付)

  • 日本でのプレミムフライデー定着予想
  • 早帰り日は「月末の金曜日」に賛成か、反対か? 反対と答えた人の希望は?

プレミアムフライデー導入の職場で働く400人へ実態調査

対象:上記実態把握調査において、プレミアムフライデーが導入された職場に勤め、2017年2月24日(金)当日に早帰りの対象だと回答した会社員(経営者・役員含む)・公務員 400人(有効回答数)

  • 実際に早帰りができたか?(会社員・公務員別、 年代別)
  • プレミアムフライデーイベントや、割引・サービス等の利用率(男女別、 年代別)
  • 利用した具体的なイベントや、割引・サービス等(自由回答から抜粋)
  • 金曜早帰り後、帰宅した人の家での過ごし方(未既婚別、 子どもの有無別)
  • 調査対象者の、性別、年代、未既婚、子供の有無など
レポートをダウンロードする

調査概要

調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査地域
全国
調査対象
プレミアムフライデーが導入された職場に勤め、2017年2月24日(金)当日に早帰りの対象だと回答した会社員・公務員(マクロミル提携モニタ)
割付方法
割付なし
調査期間
2017年2月25日(土)~27日(月)

※本文の数値は、四捨五入した整数で表記しています。
※百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。

  • ブックマーク
  • ツイート

PAGE TOP