2017年2月28日|Author : ジャスミン

もうすぐ「世界保健デー」。日ごろの健康意識・取り組み実態を調査!

Tag : 世界保健デー,WHO,保健,健康,健康診断,肩こり,不調

レポートをダウンロードする
  • ブックマーク
  • ツイート
日本人から見た“日本のイメージ”を大調査!2020年までに改善したほうがいいことは?

約1か月後の4月7日は、「世界保健デー」。WHO(世界保健機関)は毎年国際保健に関するテーマを定めて、世界的な取り組みを呼びかけています(2015年は「食品安全」、2016年は「糖尿病」、2017年は「うつ病」)。
「世界保健デー」は健康について考えるよいきっかけとなりますが、日本人は普段からどの程度健康を意識しているのでしょうか。全国1,000名に調査してみました。

TOPICS

  • 81%が自分の健康に関心を持つ。健康の維持・向上に取り組んでいる人は52%で30代が最低水準
  • 9割もの人が身体に何らかの不調を抱えている。不調の1位は全年代で「肩こり」
  • 1年以内の「健康診断」受診率は65%。「専業主婦(主夫)」の受診率は35%に留まる
  • スタートして約1年の「かかりつけ薬局・薬剤師」制度認知は13%に留まる

81%が自分の健康に関心を持つ。健康の維持・向上に取り組んでいる人は52%で、30代が最低。

自分の健康への関心度合いを聞いたところ、全体の81%が関心を持っていると回答しました。年代があがるほど関心度は高まります。

自分の健康への関心度合い

“自分の健康への関心度合い <ベース:全体 / n=1,000>

また、自身の健康を維持・向上させるために取り組んでいることがある人は全体の52%でした。年代別にみると、20代50%、30代46%、40代53%、50代57%で、30代が最低となりました。

健康維持・向上のために取り組んでいることの有無

“健康維持・向上のために取り組んでいることの有無 <ベース:全体 / n=1,000>

取り組んでいる内容としては、食生活や適度な運動をあげる人が多い中、以下のようなものもあがりました。(自由回答より抜粋)

  • ストレスを溜め込まないようにする。とにかく眠たくなったら寝る。(38歳、男性)
  • 体の冷えを取るために入浴時バスソルトを入れたり温度管理をしたりしています(29歳、女性)
  • 水を定期的に飲む。よく噛む。(22歳、男性)
  • 家事を、余計な動きを加えながらこなしてます。(洗い物をしてる時にかかとを上げ下げしたり、洗濯物を乾燥機から取り出して畳むのに1枚ずつ出してスクワットしたりなど)(44歳、女性)
  • 定期的に健康診断を受け、必要があればすぐに治療する。(52歳、女性)

9割もの人が身体に何らかの不調を抱えている。不調1位は全年代で「肩こり」

今現在、身体に不調を感じたり悩んだりしていることについて聞いたところ、実に88%が何らかの不調を感じたり悩みを抱えていることがわかりました。身体の不調1位は「肩こり」46%で、20代から50代の全世代において最多の悩みであることもわかりました。

なお、2位は「腰痛」34%、3位は「頭痛」31%、4位は「倦怠感・疲れが取れない」30%、5位は「眼精疲労」27%という結果でした。今の時期に多い「花粉症」は6位で25%。4人に1人が悩んでいるようです。

現在、自分の身体で不調を感じたり悩んだりしていることがあるか

現在、自分の身体で不調を感じたり悩んだりしていることがあるか <ベース:全体 / n=1,000>

現在、自分の身体で不調を感じたり悩んだりしている内容 上位10位

現在、自分の身体で不調を感じたり悩んだりしている内容 上位10位 <ベース:大きな病気・怪我の治療中ではない方 / n=965>

1年以内の「健康診断」受診率は65%。受診率が最も低いのは「専業主婦(主夫)」で35%に留まる

労働者の場合、雇用主が労働者に対して1年に1回以上受けさせることが義務付けられている「健康診断」ですが、直近1年以内の受診率は65%でした。また、1年以内の受診率が最も高かったのは「公務員」で80%、最低は「専業主婦(主夫)」で35%でした。

1年以内の「健康診断」の受診率(職業別)

1年以内の「健康診断」の受診率(職業別) <ベース:全体 / n=1,000>

過去3年間で「健康診断」を受診していない人(全体の26%)に対し、受診しない理由を尋ねたところ、最も多かったのは「健康診断に行く時間が取れないから」31%で、次いで「行くのが面倒くさいから」25%、「健康診断にかかるお金がもったいないから」23%と続きます。

「健康診断」に行かない理由

「健康診断」に行かない理由 <ベース:3年以内に健康診断を受けていない方/ n=256>

スタートして約1年、「かかりつけ薬局・薬剤師」制度の認知は13%に留まる

2016年4月にスタートした「かかりつけ薬局/かかりつけ薬剤師」制度について認知状況を尋ねたところ、内容まで知っている人は13%に留まりました。ただし、制度内容 を説明したうえで実際に「かかりつけ薬局・薬剤師」を持っているか尋ねたところ、20%が持っていると回答しました。

※「 かかりつけ薬剤師・薬局」とは、自分で選んだ薬剤師・薬局に、自分の薬の服薬状況を把握してもらい、薬の飲み合わせや副作用などの相談を始め、日常の健康相談に24時間応じてくれる役割を担います。

本調査の結果、自分自身の健康に対する関心は81%と大多数の人が持ち、88%が何らかの体の不調を感じている一方で、日ごろの健康維持のための取り組みや、定期的な健康診断の受診、日常の健康に関する相談先確保などに取り組めていない人も多くいる状況がみえてきました。4月7日の「世界保健の日」をきっかけに、自分自身の体の状況や健康管理について見直してみてはいかがでしょうか。

他にもこんな調査結果あります!

掲載したもの以外にも、さまざまな設問・調査結果がございます。
詳細データは、無料レポート・グラフ集に掲載しています。ダウンロードしてご覧ください。

その他の項目

  • 健康を維持・向上させるために使ってもいい金額(食事/運動/サプリメント・薬/健診・予防医療/その他 のカテゴリ毎)
  • 「健康診断」・「人間ドック」の受診状況
  • 「健康診断」で受けた検査内容
  • 「健康診断」にかけた金額(自費)
  • (女性のみ)婦人科健診で受けたことのある検査内容
  • (女性のみ)気になっている病気
  • 「郵送検査キット」の利用状況 など
レポートをダウンロードする

調査概要

調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査地域
全国
調査対象
20~59歳の男女(マクロミル提携モニタ)
割付方法
平成27年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間
2017年2月20日(月)~22日(水)
  • ブックマーク
  • ツイート

PAGE TOP