2016年9月27日|Author : ジャスミン

「お取り寄せグルメ」と「ふるさと納税」を比較してみると・・・?

Tag : お取り寄せ,ふるさと納税,節約,グルメ,食,ギフト

レポートをダウンロードする
  • ブックマーク
  • ツイート
「お取り寄せグルメ」と「ふるさと納税」を比較してみると・・・?

食欲の秋、収穫の秋。産地直送でおいしいものを「お取り寄せ」したい、と思う方も多いのではないでしょうか。一方、返礼品として各地方自治体の“おいしいもの”ももらえると注目の集まる「ふるさと納税」。2015年度実績は約1,653億円(前年比約4.3倍)と申込者は年々増えています。そこで、「お取り寄せグルメ」と「ふるさと納税(返礼品)」の利用状況について調査、比較してみました。

TOPICS

  • 約半数の家庭で経験している「お取り寄せグルメ」は、『味』重視のちょっと特別品!?
    • 取り寄せた内容:
      1位「お菓子・スイーツ」、2位「魚介類・水産加工品」、3位「肉類・肉加工品」。
    • 「お取り寄せ」する理由:
      1位「自分がおいしいものを食べたい」、2位「家族においしいものを食べさせたい」、3位「自分の住んでいる地域では購入できない」
    • 最も重視するもの:
      1位「味」、2位「価格」、3位「安全性」
    • リピート意向:
      「今後もお取り寄せしたい」51%。
  • 「ふるさと納税」の経験家庭は9%。返礼品は『お得さ』重視の普段使い品!?
    • もらった返礼品の内容:
      1位「肉類・肉加工品」、2位「魚介類・水産加工品」、3位「米」。
    • 「返礼品(食材)」を選んだ理由:
      1位「家族においしいものを食べさせたい」、2位「普段の食事用に」「各地の特産品を食べたい」
    • 返礼品で最も重視するもの:
      1位「お得さ」、2位「寄付金の額」、3位「安全性」「味」
    • リピート意向:
      「今後も申し込みたい」78%。

約半数の家庭で経験している「お取り寄せグルメ」は、『味』重視の特別品!?

食料品・飲料品の「お取り寄せ」を家庭でしたことがあるかを聞いたところ、48%が経験ありと回答しました。

家庭で食料品の「お取り寄せ」をしたことがあるか

家庭で食料品の「お取り寄せ」をしたことがあるか <ベース:全体/n=1,000>

家庭で「お取り寄せ」をしたことがあると回答した481名に対し、「お取り寄せ」について詳しく聞いたところ、以下のような結果となりました。

「お取り寄せ」したことのある食料品
1位「お菓子・スイーツ」55%、2位「魚介類・水産加工品」39%、3位「肉類・肉加工品」36%でした。

「お取り寄せ」をする理由
1位「自分がおいしいものを食べたいから」42%、2位「家族においしいものを食べさせたいから」33%、3位「自分の住んでいる地域では購入できないから」32%でした。

「お取り寄せ」をする際重視すること
最も重視することは、1位「味」27%、2位「価格」19%、3位「安全性」13%でした。

今後も「お取り寄せ」したいか
51%が「したい」と回答、44%が「まあまあしたい」と回答しました。合わせると95%にリピート意向があることがわかりました。

食料品の「お取り寄せ」は、約半数の家庭で経験があることがわかりました。「味」を重視し、「おいしいものが食べたい」気持ちで申し込んでいる方が多いことからも、ちょっとした“特別品”として楽しまれていることが伺えます。

「ふるさと納税」の経験家庭は9%。返礼品は『お得さ』重視の普段使い品!?

「ふるさと納税」を家庭で申し込んだことがあるか聞いたところ、経験があると回答した方は9%に留まりました。そのうち、「ふるさと納税」の申込理由についてきいたところ、「返礼品が魅力的だから」との回答が最も多く71%にのぼりました。「ふるさと納税」の本来の目的である「都道府県・市町村への寄付」を根拠として、「ふるさと納税」を申し込んでいる人は少なく、大多数が「返礼品」を目的に申し込んでいることがわかりました。

家庭で「ふるさと納税」を申し込んだことがあるか

家庭で「ふるさと納税」を申し込んだことがあるか <ベース:全体/n=1,000>

「ふるさと納税」を申し込んだ理由

「ふるさと納税」を申し込む理由 <ベース:全体/n=1,000>

「ふるさと納税」の申込経験者に、「ふるさと納税」やその返礼品について詳しく聞いたところ、以下のような結果となりました。

「ふるさと納税」の返礼品として受け取ったことがあるもの ※「ふるさと納税」申込み経験者85名を対象
1位「肉類・肉加工品」51%、2位「魚介類・水産加工品」41%、3位「米」40%でした。

「ふるさと納税」の返礼品(食料品)を選んだ理由 ※返礼品に食料・飲料品を受け取ったことのある方80名を対象
1位「家族においしいものを食べさせたいから」34%、2位「普段の食事用に」・「各地の特産品を食べたいから」32%でした。

「ふるさと納税」の返礼品を選ぶ際重視すること ※「ふるさと納税」を申し込む際返礼品を基準にして選ぶ方72名を対象
最も重視することは、1位「お得さ」26%、2位「寄付金の額」14%、3位「安全性」・「味」13%でした。

今後も「ふるさと納税」を申し込みたいか ※「ふるさと納税」申込み経験者85名を対象
78%が「申し込みたい」と回答、20%が「まあまあ申し込みたい」と回答しました。合わせると98%にリピート意向があることがわかりました。

「ふるさと納税」を家庭で申し込んだことのある人は10人に1人以下という結果でしたが、78%が「今後も申し込みたい」と回答しており、強いリピート意向が伺えます。また、「返礼品」を基準に申し込んでいる場合も、「お得さ」を重視し、「家族に食べさせたい」「普段の食事用に」といった目的で頼む人が多いことから、「お取り寄せ」と比較すると、“普段使い用”に申し込んでいる人が多いといえそうです。

取り寄せたことのあるもの

「お取り寄せ」したことのあるもの/ふるさと納税」の返礼品として受け取ったことがあるもの

取り寄せる理由

「お取り寄せ」をする理由/「ふるさと納税」の返礼品(食料・飲料品)を選んだ理由

取り寄せにあたって重視すること

「お取り寄せ」をする際重視すること/「ふるさと納税」の返礼品を選ぶ際重視すること

リピート意向

今後も「お取り寄せ」したいか/今後も「ふるさと納税」を申し込みたいか

「ふるさと納税」には、納税者が税金(寄付金)の使われ方を考えるきっかけとなること、応援したい地域の力になれること、地域のあり方をあらためて考えるきっかけとなること、の3つの意義があります※。一方で、“お得な(返礼品の)お取り寄せ”として捉えられている側面もありそうです。通常の「お取り寄せ」と比較してもリピート意向は高く、満足度の高さがうかがえる「ふるさと納税」。せっかくなので申し込みの際は「ふるさと納税」を使った各自治体の取り組みも意識してみてはいかがでしょうか。 ※総務省「ふるさと納税ポータルサイト」より

他にもこんな調査結果あります!

掲載したもの以外にも、さまざまな設問・調査結果がございます。
詳細データは、無料レポート・グラフ集に掲載しています。ダウンロードしてご覧ください。

その他の項目

  • 「お取り寄せ」する頻度
  • インターネットで「お取り寄せ」をする際に使用するサイト
  • 2015年度の「ふるさと納税」での寄付総額
  • 2016年度の「ふるさと納税」申し込み意向
  • 「ふるさと納税」に申し込み意向のない理由 など
レポートをダウンロードする

調査概要

調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査地域
全国
調査対象
20歳~69歳の男女(マクロミル提携モニタ)
割付方法
平成22年国勢調査による、性別×年代別の人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間
2016年9月15日(木)~9月16日(金)
  • ブックマーク
  • ツイート

PAGE TOP