2016年3月7日|Author : ジャスミン

育休復帰のママ&パパのリアルを大調査!夫婦間の意識ギャップが明らかに。

Tag : 産休、育休、職場復帰、復職、ワーキングマザー、育児、家事

レポートをダウンロードする
  • ブックマーク
  • ツイート
育休復帰のママ&パパのリアルを大調査!夫婦間の意識ギャップが明らかに。

4月に産前産後休業や育児休業から復職を予定しているママ&パパも多いのではないでしょうか?復帰後の生活、イメージできていますか?
そこで、これから復職を予定しているママと、そんな妻を持つパパに、意識調査を実施。その結果見えてきた夫婦間意識ギャップとは・・・!?復職後に不満爆発、喧嘩勃発!とならないように、今のうちに夫婦間でコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか。

TOPICS

  • これから職場復帰をするママ、7割がフルタイム復帰で、半分は休業前と全く同様の働き方を予定
  • ママの本音は「育児優先、仕事はほどほど」。一方パパの希望は「休み前と同様に働いてほしい」
  • 復帰後の家事の機械化・アウトソーシング化にはパパのほうが積極的で、2人に1人は検討中
  • ママの4割が「少し手伝っただけで分担した気になっている」とパパへの不満も

これから職場復帰をするママ
7割がフルタイム復帰で、半分は休業前と全く同様の働き方を予定

これから職場復帰を控えるママに、復帰後の働き方を聞いたところ、69%がフルタイム勤務で復帰する予定であることがわかりました。フルタイムであっても残業などを減らそうと考えているママは18%で、51%のママは、休業前と全く同じように働くことを予定しています。短時間勤務を予定しているママは31%のみでした。

復職後の働き方

復職後の働き方(2016年) <ベース:職場復帰を控える産休・育休中の女性/n=132>

ママの本音は「育児優先、仕事はほどほど」
一方パパの希望は「休み前と同様に働いてほしい」

「産休・育休前と同様に働きたい」と考えているママは、20%に留まり、67%が「育児を優先させ、仕事はほどほどにしたい」と考えていることがわかりました。3人に1人が「本音を言えば仕事は辞めたい」と考えていることも明らかに。ママたちの本心は、実際の働き方とは別なところにあるようです。

一方、妻が産休・育休中のパパのうち42%が妻には「産休・育休前と同様に働いてほしい」と考えていました。復職ママの働き方に対する考えは、ママ・パパ間でギャップがありそうです。

復職後の女性の働き方に対する考え

復職後の女性の働き方に対する考え(2016年) 左<ベース:妻が産休・育休中の男性/n=163>/右<ベース:産休・育休中の女性/n=178>

復帰後の家事、家事の機械化・アウトソーシング化にはパパのほうが積極的で、2人に1人は検討中

ママが復職後の家事分担について聞いたところ、パパの50%が、食洗機や洗濯乾燥機、ロボット掃除機などの活用等、家事の機械化を考えていました。また、26%はハウスキーパー活用などアウトソーシングを考えているようです。これは、ママ(機械化37%、アウトソーシング15%)よりも多い結果です。

産休育休ママ復職後の家事の機械化(食洗機、洗濯乾燥機、ロボット掃除機などの活用)について

産休・育休ママ復職後の家事の機械化についての検討度合(2016年) 左<ベース:妻が産休・育休中の男性/n=163>/右<ベース:産休・育休中の女性/n=178>

産休育休ママ復職後の家事のアウトソーシング(ハウスキーパーの活用等)について

産休・育休ママ復職後の家事のアウトソーシングについての検討度合(2016年) 左<ベース:妻が産休・育休中の男性/n=163>/右<ベース:産休・育休中の女性/n=178>

また、育児の分担について聞いたところ、

  • 「夫婦間での保育園等子供の預け先からの送り迎えの分担」は、パパ80%/ママ71%、
  • 「子どもが病気になった時の対応方法」はパパ80%/ママ81%、
  • 「夫婦とも勤務中に突然の子供のお迎え要請があった場合の対応方法」はパパ78%/ママ82%、
  • 「子どもに予防接種や定期検診を受けさせる方法」はパパ75%/ママ77%

が考えている、と回答しました。育児分担についてはママ・パパともに検討している家庭が多そうです。

ママの4割が「少し手伝っただけで分担した気になっている」とパパへの不満も

ママ・パパそれぞれの配偶者への不満については夫婦間で意識のギャップがありそうです。パパは、「特に不満はない」と回答した人が最も多く52%に上りましたが、不満がないとしたママはわずか19%の結果。ママから最も多く聞かれた声は「たまには一人きりになる時間をつくってほしい」で41%です。

家事や育児の分担については、ママからの「家事育児を少し手伝っただけで分担した気になっている」という声は多く39%も。「家事をもっと分担してほしい」34%、「育児をもっと分担してほしい」31%と、ママの約3人に1人はパパの家事・育児へのさらなる参加を願っているようです。パパからも「育児にもっと参加したい」という声は比較的多く22%が該当。その一方で「家事にもっと参加したい」は8%に留まりました。

産休・育休中ママのパパへの不満

産休・育休中ママのパパへの不満(2016年) <ベース:産休・育休中の女性/n=178>

ママが産休・育休中パパのママへの不満

ママが産休・育休中パパのママへの不満(2016年) <ベース:妻が産休・育休中の男性/n=163>

なお、ママに職場復帰にあたっての不安を具体的に尋ねたところ、こんな意見があがっています。

  • 夫の協力が必要だが、夫はそれほど協力が必要だと考えていないのではと心配。(31歳女性、東京都在住、子供7か月)
  • 子どもと接する時間が減り、自分自身仕事に追われて余裕がなくなるのではないか、自分だけ仕事に家事に育児に…となり、主人に期待しすぎて結局自分が疲れて子どもたちとのコミュニケーションにも影響するのではないかと不安。(27歳女性、熊本県在住、子供1歳)

「無理をしすぎず、一緒に頑張ろう!」 
復帰ママへの夫たちからのエール

最後に、職場復帰する妻たちへ夫からのコメント(自由回答)を抜粋してご紹介します。

  • 無理しすぎないようにして欲しい。辛かったら自分に話して欲しい。(35歳男性、埼玉県在住、子供3ヶ月)
  • 負担をかけて申し訳ない。一緒にがんばろう。(46歳男性、茨城県在住、子供3ヶ月)
  • 体調崩さないように。あまり一人で抱え込まず役割を分担しながら育児をやっていこう。(37歳、福岡県在住、子供10か月)
  • 久しぶりの職場で環境も変わっていると思うし、引っ越し先は職場から少し遠くなるし、子供のこともあって今まで通りとはいかず、慣れるまで大変と思うけど、一緒に頑張ろう!(31歳男性、愛知県在住、子供1歳)

「無理をしすぎないで」とママたちを心配する声が多く聞かれました。

職場復帰を控え、ママの働き方や、家事分担・育児分担の方法など、さまざまな面でママ・パパ間に意識のギャップがありそうです。本格的にママが復職する前に、今一度夫婦間コミュニケーションをとって、お互いの気持ちにズレはないか、生活イメージに相違はないか、確認しあってみてもいいかもしれません。

他にもこんな調査結果あります!

掲載したもの以外にも、さまざまな設問・調査結果がございます。
詳細データは、無料レポート・グラフ集に掲載しています。ダウンロードしてご覧ください。

レポートをダウンロードする

調査概要

調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査地域
全国
調査対象
20~49歳の産、前産後休業・育児休業取得中の有職女性178名
20~49歳の配偶者が産前産後休業・育児休業中の有職男性163名(マクロミル提携モニタ)
調査日時
2016年2月26日(金)~29日(月)
  • ブックマーク
  • ツイート

PAGE TOP