【報道関係各位】

2008年08月01日
株式会社マクロミル
(証券コード:東証一部3730)

~消費者インサイトを探る、連想マップを用いた新しいネットリサーチ手法~
『MindMill(マインドミル)』サービス開始のお知らせ

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本秀幸、以下マクロミル)は、消費者が思い浮かべる「言葉」を連想マップ形式で収集し、WEBテキストマイニング技術を用いて視覚的に分析するネットリサーチサービス『MindMill(マインドミル)』を、2008年8月1日より、提供開始いたします。

サービス概要

『MindMill』は、自由連想法(※)と豊富な自由回答をスピーディに回収できるネットリサーチの利点を組み合わせた新しい調査サービスです。特定商品や企業名・ロゴ画像などの調査対象物を、WEB調査票上に起点として置き、回答者は対象物から思い浮かぶ言葉をつなぐように自由記述してゆきます。自らが記述した言葉を新たな刺激として発想を膨らませながら、次々と回答者に連想語を記述してもらうことで、消費者の潜在意識(消費者インサイト)に迫るキーワードを収集することが期待できます。

『MindMill』は、財団法人流通経済研究所の上田雅夫主任研究員の協力を得て、調査手法の開発を行いました。また、連想語の分析方法においては、テキストマイニング技術をもつプラスアルファ・コンサルティング社とともに、同社提供のWEBテキストマイニングシステム『見える化エンジン』を活用して、大量の連想語の関連性や傾向をWEB上で視覚的に把握できるアウトプットを共同開発しました。

※自由連想法 … ある言葉(刺激語)を与えられた時に、心に浮かぶままの自由な言葉やイメージ、考えを連想していく発想法。刺激語と連想語の関連を分析し、潜在意識を顕在化する。

MindMillの調査票

調査票のイメージ

MindMillのアウトプット

『Mind Mill』は、プラスアルファ・コンサルティング社提供のWEBテキストマイニングシステムをカスタマイズ開発した「見える化エンジンfor MindMill」により、アウトプットを提供いたします。

回答者それぞれの回答結果(個票データ)をみる「個別マップ」のほか、回答者全体の傾向を示す「連想全体マップ」、頻出単語を集計した「ランキング」などの機能により、収集した連想語の傾向をWEB上で簡単かつ効果的に把握できます。簡単な操作で、回答者の属性(性別・年齢・職業・居住地)による連想語の違いも確認することができます。

  • 連想全体マップ(回答者全体の傾向)連想全体マップ
    [クリックして拡大]
  • ランキング(頻出キーワードの集計結果)ランキング
  •  

個別マップ(回答者の個票) ※マップ中の数字は、キーワードの記述順を示しています。
個別マップ

サービス開発背景と活用シーン

消費者のライフスタイル・嗜好の多様化が進む昨今、企業においては、消費者の本音(深層心理)を理解・把握したいというニーズが高まっています。こうした企業ニーズに応えるため、マクロミルでは、インターネット技術を活用して、効果的かつ利便性の高い定性情報の収集および分析を行う、新しいネットリサーチサービスの開発・研究を進めてまいりました。

この度リリースいたしました『MindMill』は、Flash技術を用いて独自開発した調査票により、回答者の自己連想を促すことで、インタビュアーを介すことなく、ネット上で大量サンプルから豊富な連想キーワードを迅速に一括収集することができます。さらに通常の自由連想とは異なり、ネットワーク構造で結果が得られるため、キーワード間の連結数(ネットワークの密度)という指標を得ることができ、より深く消費者の考え方・イメージを把握することができます。また、収集した大量のキーワードは、WEBテキストマイニング技術を活用して、WEB上で視覚的に把握できる利便性の高いアウトプットを実現しています。

サービス利用料金は、100サンプル回収した場合45万円から(連想語の抽出対象1項目に加え、関連質問4問まで)。
調査開始から2営業日後に結果納品、とスピーディにアウトプットを提供いたします。

『MindMill』は、企業のブランドイメージ把握、新商品開発のためのアイデア抽出や、広告表現・パッケージ案やネーミング案のテスト評価など、さまざまなマーケティングシーンの活用が可能です。例えば、競合企業と自社のブランドイメージに対する連想語を調べた場合、第一想起されるキーワードの種類や数、連想語のつながりなどを比較することで、企業のコミュニケーション戦略や、ブランド戦略の再構築に活用することができます。

マクロミルでは、今後もネットリサーチサービスの強化を推進するとともに、インターネット技術を活用した新たな調査手法の開発・研究を行い、企業のマーケティング戦略に活用できる利便性の高いデータ提供を目指してまいります。

以  上

株式会社プラスアルファ・コンサルティングについて─

株式会社プラスアルファ・コンサルティングは、最先端のSaaS型テキストマイニングシステム『見える化エンジン』のサービスを展開しています。アンケートやコールログ、ブログなど、様々なテキスト情報を「見える化」することで、お客様のビジネスに+α(プラスアルファ)の価値を創造しています。

社名
株式会社プラスアルファ・コンサルティング
本社
東京都港区三田3-5-21 三田北島ビル 7F
URL
http://www.pa-consul.co.jp
設立
2006年12月25日
資本金
1,000万円 ※2008年7月末現在
代表者
代表取締役 三室 克哉 (みむろ・かつや)
主要事業内容
テキストマイニング技術を活用したASPサービス提供、コンサルティング事業

財団法人 流通経済研究所 上田雅夫主任研究員について

食品メーカーを経て2000年財団法人流通経済研究所入所。学習院大学経済学部非常勤講師、中央大学専門職大学院兼任講師。主な研究領域は、マーケティング・リサーチ、消費者行動計量。 主な著書/論文:『POS・顧客データの分析と活用』(同文舘・2003年・共著)、「高齢者と新製品の購買」(『流通情報』・2004年)。

関連情報

MindMillサービスページ

本リリース内容に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ先
株式会社マクロミル 広報担当:西沢
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F 〒108-0075
TEL:03-6716-0707 FAX:03-6716-0701 E-mail:press@macromill.com