【報道関係各位】

2007年2月26日
株式会社マクロミル
(証券コード:東証一部3730)

オリジナル集計ソフト【Quick-CROSS2】英語版サービス開始のお知らせ

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本秀幸、以下マクロミル)は、オリジナル集計ソフト【Quick-CROSS 2(クイッククロス2)】の英語版を開発し、2007年2月26日よりサービス提供を開始いたします。

【Quick-CROSS】は、ネットリサーチ終了後に、マクロミルのネットリサーチシステムから生成される専用データを取り込み、クロス集計や簡易調査レポートの自動作成を、シンプルな操作性で瞬時に行うことができるマクロミル独自開発の集計ソフトです。

マクロミルは、2006年3月に、第三世代のネットリサーチシステム稼働とあわせて、オリジナル集計ソフトについても大幅バージョンアップを行い、【Quick-CROSS2】として会員顧客へ無償提供を開始いたしました。クロス集計機能を向上し、簡易調査レポートの自動出力機能まで備えた【Quick-CROSS2】は、マクロミルのリサーチ利用顧客より好評を博しております。さらに、海外拠点をもつ国内企業や海外顧客企業からも、利用ニーズがあることを受け、この度、【Quick-CROSS2】英語版のサービスを開始いたしました。

英語版【Quick-CROSS2】では、日本語で国内消費者を対象に実施したネットリサーチの調査結果を英訳し、英語版専用データを作成した後に、ソフトに取り込んで集計を行います。

本サービス開始により、海外拠点を持つ国内企業や海外企業が、英語で自由かつ簡単にクロス集計を行い、集計表やグラフ、簡易レポートなどの調査結果を英語出力して分析することが可能となるほか、マーケティング・リサーチ結果のグローバルな情報共有が容易となり、利便性が向上いたします。

マクロミルは、今後も、国内のみならずグローバルな視野でサービスを拡充し、利便性の高いネットリサーチの提供を推進してまいります。

マクロミルオリジナル集計ソフト 英語版【Quick-CROSS2】に関して

1.主な機能

英語版【Quick-CROSS2】は下記の機能により、英語のクロス集計や調査レポートを、簡単な操作で出力することが可能です。

  • 設問設定 : 選択肢のウエイト設定や、質問文や選択肢の英文を、編集することができます。
  • データ参照 : 英語で回答ローデータを参照することができます。
  • GT(単純集計)・グラフ作成 : 英語の単純集計表・グラフを作成します。
  • クロス集計 : さまざまな分析軸で、各質問をクロス集計して分析することができます。
  • 自動レポート出力 : 英語で質問ごとの簡易調査レポートを自動出力します。

英語版【Quick-CROSS2】の画面とアウトプット

※ 英語版は、従来の日本語版【Quick-CROSS2】の使用頻度の高いアウトプット機能に絞った機能提供となっています。
※ 日本語で実施した調査結果は、質問文・選択肢・自由回答の英訳を行い、英語版用取込みデータを作成して利用します。

2.納品スケジュールと利用料金

【Quick-CROSS2】英語版の利用に際しては、質問文・選択肢・自由回答などの英訳および英語版取込みデータ作成に、調査終了から約1週間程度のお時間を要します(20問程度の質問数の場合)。また、質問数や質問形式などに応じ、英訳量が異なるため、利用料金は個別にお見積りいたします。

3.利用環境

【Quick-CROSS2】英語版は、下記Windows OSに対応したパソコン端末にインストールして利用します。また、動作環境として下記バージョンのMicrosoft Officeが必要となります。

OS :  Windows XP英語版
Microsoft Office :  2000、2003、XP英語版

※Microsoft、Windows、Microsoft Officeは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

以  上

本リリース内容に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ先
株式会社マクロミル 広報担当:西沢
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F 〒108-0075
TEL:03-6716-0707 FAX:03-6716-0701 E-mail:press@macromill.com