【報道関係各位】

2004年9月29日
株式会社マクロミル
(証券コード:東証マザーズ3730)

マクロミルとリクルートが10月1日より、共同で新サービス開始
ネットリサーチ『Keyman'sMill』(キーマンズミル) でBtoB市場調査領域を開拓

ネットリサーチを提供する株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:杉本哲哉、証券コード:東証マザーズ3730、以下マクロミル)と、株式会社リクルート(本社: 東京都中央区、社長: 柏木 斉、以下リクルート)は、リクルートの提供するIT関連情報提供サービス「キーマンズネット」の会員を対象としたネットリサーチサービス『Keyman'sMill』(キーマンズミル)を、10月1日(金)より共同展開いたします。

新サービス『Keyman'sMill』の概要

『Keyman'sMill』は、マクロミルが有する「リサーチノウハウ」と、「キーマンズネット」の会員、双方の強みを活かした、IT関連ビジネスユーザを調査対象とした新しいネットリサーチサービスです。

法人向けの商品やサービスを抱える企業は、『Keyman'sMill』を利用することにより、キーマンズネット会員の中から詳細な条件で対象者を抽出しBtoB向け市場調査を実施することができます。

※リクルートの提供する「キーマンズネット」について
"企業で導入するIT製品選びをサポート"をスローガンにIT関連情報提供を行う、ビジネスユーザ限定の会員制サービスです。IT関連製品の導入決裁者や情報関与度の高い約26万人の会員(2004年8月末現在)を保有しています。会社規模、役職、職種、業種などが登録されているほか、製品・サービスの導入決裁権のレベル、情報収集の目的、関心を持つIT関連情報のカテゴリなど、詳細な会員データを把握している点が特長です。

背景とねらい

マクロミルは、これまで独自に構築してきた23万人(2004年9月現在)のモニタ会員を対象に、一般消費者を対象としたネットリサーチサービスを手掛けてきました。しかし、ここ数年ネットリサーチの活用が拡がる中、一般消費者とは異なる特定ジャンルに特化した調査対象者へのニーズもクライアント企業から高まってきたことを受け、そうしたモニタ会員を保有する企業を提携先とする共同サービス展開を検討してきました。
 マクロミルでは、このたび開始する『Keyman'sMill』を、属性特化型モニタサービスの第1弾として位置づけ、BtoB市場調査領域を開拓してゆきたいと考えています。

『Keyman'sMill』のサービス体制について

本サービスの営業販売については、マクロミルは既存の調査サービスを利用するクライアントに対して、リクルートはキーマンズネットを利用するIT関連企業を中心とするクライアントに対して行い、両社の営業力を結集させます。

また、受注後のサービス体制については、マクロミルがリサーチシステムの提供および調査の運用、集計・分析サービスなどを担当し、リクルートは「キーマンズネット」会員の中から調査対象者の抽出、対象者へのアンケート告知、および会員サポートを担当します。

『Keyman'sMill』の利用にあたって

『Keyman'sMill』のリサーチ料金は、15問・100サンプル回収で60万円~、マクロミルの自動ネットリサーチシステム【AIRs】を利用することで、従来マクロミルが提供してきたネットリサーチサービスと同様の調査結果アウトプット(リアルタイム集計の閲覧、単純集計およびグラフ納品、マクロミル独自開発の簡易クロス集計ソフトの利用)が標準で入手できます。

Keyman'sMill 活用調査例

・セキュリティ関連のソフトウェア導入決裁者を対象とした、社内セキュリティ対策実態調査
・財務・会計・経理担当者を対象とした、財務会計ソフトウェアに関する導入決定要因調査
・ネットワーク管理者に対する製品利用実態調査・・・など

マクロミルでは、今後も、これまでに蓄えてきた「ネットリサーチノウハウ」を活かし、良質でユニークな会員組織を保有する企業とのパートナーシップを推進することにより、新たなBtoB市場調査のマーケットを開拓してゆく所存です。

以  上

関連情報
Keyman'sMill(キーマンズミル)サービス終了のお知らせpdf
本件に関するお問い合わせ先
株式会社マクロミル 広報担当:西沢
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F 〒108-0075
TEL:03-6716-0707 FAX:03-6716-0701 E-mail:press@macromill.com